好きな相手にネガティブなフレーズを言われると、まるで「この世の終わり」のように感じるのは、女性も男性も同じもの。

正直な意見を伝えることは大切ですが、でも、それだと恋愛において損をしてしまうことも少なくありません。

そうならないために、彼のハートをえぐらないような「言葉選び」ができるようになっておきましょう!

そこで今回は、B型の男性が言われると意外に傷つく4つのフレーズをご紹介いたします。

B型の男性が「意外に傷つく」4つのフレーズ

「お節介しないでよ」

B型の男性は一度つきあい始めたら、そのサービス精神からあなたを笑顔にするべく、あの手この手を使って喜ばせようとしてくれるでしょう。

もちろん、あなたにとって嬉しいこともあるかもしれませんが、中にはかなりズレたサプライズもあるかもしれません。

でも、そこを「お節介しないでよ」とはねつけるのはダメ。彼はとたんにスネてしまうようになってしまいます。

彼の好意をいったん受け止めてあげることが、彼の素直なところを引き出す秘訣かもしれません。

「○○君(他人)は優しいんだけどなぁ」

B型の男性とつきあう状況まで進めることができたら、覚えておいてほしいことがあります。

それはたとえ恋人ができても、彼の人間関係と交際好きな性格に理解を示してあげるということです。もしもあなたが嫉妬深い性格なら、そこをグッと抑える理性が必要です。

彼は自分が魅力的かどうかを確認したく、あなたの嫉妬心をあおって愛情を確認したいところがあるのです。

とくに「○○君は優しいんだけどなぁ」のように他の男の話をするのはNG。「君のことが一番だよ」と、彼に自信を持たせて穏やかな関係を築いていきましょう。

「ワガママだよね!」

B型の男性はつきあうと、とたんに甘えん坊になってしまう一面を持っています。

いつも一緒にベタベタするようになり、二人っきりの時間を大切にしてくれるでしょう。

それは良いのですが、行き過ぎると感謝の気持ちを伝えるのが恥ずかしくなり、「ご飯作って~」「お風呂まだ~?」など、わがままな部分が強調されるようになります。

そこで「ワガママだよね!」と言うと、しばらく口をきいてくれなくなる恐れが……。ある程度、包容力をもって接しましょう。

「余計なことしなくていいから」

「余計なことしなくていいから」「余計なことしなくていいから」

B型の男性は、ムード作りやサービスが得意。

どんなこともまずやってみようという姿勢なので、言葉では好きと言ってくれなくても、さまざまな経験をあなたにプレゼントしてくれるでしょう。それが彼の愛情表現なのです。

そこで、「余計なことしなくていいから」と釘を刺すのは考え物。

考える前に行動してしまう傾向もあるので、そのペースとテンションに合わせてあげることも必要なのかもしれません。

男性はもともと単純なもの

男性は、女性の言葉ひとつで有頂天になったり、ものすごく落ち込んだりするものです。

そのため、どんな言葉や態度をチョイスするかは、非常に重要なこと。

彼を落ち込ませるのもメロメロにするのもアクションひとつなのです。

どんなフレーズが相手を傷つけるのかを見極めましょう。それができれば、モテすぎて困ってしまう未来があなたに訪れるはずです。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)