人間の生活や習慣の8割は意図しているものではなく、無意識によって形成されている……という理論があります。

無意識であるということは、それだけ深層心理に隠された本心の部分が現れるということ。

では男性は、本気で好きな女性に対して、どんな言葉を口にするのでしょうか?

今回は、A型の男性が無意識に「本気で好きな人だけ」に言うひとことをご紹介いたします。

AB型の男性が「たまらなく好きな女性」に無意識に言うひとこと

「あれ、また会ったね!」

AB型男性は、恋愛においては典型的な「一目惚れ」から恋がスタートするタイプ。好みのタイプだと、理屈を抜きにして一瞬で恋に落ちるでしょう。

そのため、大好きな人には「あれ、また会ったね!」と、何かにかこつけて無意識に接触しようとするはず。

雰囲気は少し軽そうな印象ですが、移り気ではなく、好きだった人をずっと想い続けているような一途な面も持っています。

ただ、相手を想う気持ちが強すぎるあまり、それを素直にぶつけられないところがあるため、恋愛に対してやや不器用といえるかもしれません。

「大事にしたい人だから」

AB型の男性は、恋愛面においてはかなり複雑な感性の持ち主。

自立した大人の部分と寂しがり屋の部分が共存しているため、初めは相手から理解されるのに時間がかかるかもしれません。

基本的に、いつもべったりしたいタイプではないので、たとえ恋人でも自分の領域に踏み込まれると引いてしまうかも。

しかし、そんな彼の細やかな神経は「相手への気配り」としてもあらわれ「大事にしたい人だから」という言葉で表現されます。

受け止めてあげれば関係も長く続くはず。

「○○さんのせいで、昨日は寝られなかった」

「○○さんのせいで、昨日は寝られなかった」

AB型男性は知的で優しい性格なので周囲からの評価は高いのですが、恋愛に関してはかなり奥手です。

頭の中であれこれと考えてシミュレーションしているうちにチャンスを逃してしまったり、好きすぎて妄想モードになり「○○さんのせいで、昨日は寝られなかった」と意味不明なことを無意識に言うこともあるでしょう。

また、傷つくのを恐れるため、それとなく相手を観察して確実!と思えるタイミングじゃないと、飛び込めないところもあるようです。

「笑顔が綺麗だね」

AB型男性は見た目こそクールですが、実は内面はかなり情熱的なタイプ。

恋愛においてはそういった性質が交互に現れてくる、いわゆるツンデレと言えるでしょう。

みんなと一緒にいるときと、二人っきりになったときのギャップがかなり激しく、嫉妬心も相当のもの。

人前ではしれっとしているのに二人だけになると「笑顔が綺麗だね」と、無意識にデレてくるでしょう。

でも、プライドもかなり高いため、一筋縄ではいかないと感じさせられることも多いかもしれません。

ミステリアスなAB型男性の恋は…

AB型の男性は、恋をしてもそこまで大きくのめり込むことはないかもしれません。

一見すると、「この人は本当に自分を好きなの?」と相手に思われるくらい穏やかでしょう。

しかし、親しくすると持ち前のミステリアスな魅力で心を掴んでくるのが特徴。

掴みどころのない雰囲気を持っており、自分のペースを崩さないタイプ。落とす難易度はかなり高いと言えます。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)