男性が思わず溺愛してしまう女性っていますよね。

そうした「愛され体質」の女性は、本人は何も意識していないのに、自然体でモテ行動を取っているのです。

そんな女性は、一体どのようなしぐさや言動を行っているのでしょうか?

そこで今回は「男性たちが溺愛する女性が、無意識に行っていること」を4つご紹介いたします。

男性に溺愛される…「愛され体質」の女性が無意識に行っていること4つ

1.あまりプライベートを見せない

人は目標に向かっているとき、一種の緊張感が生まれますが、目標が達成されるとその緊張感は解消されます。

そのため、も「未完成」のものや「ミステリアス」なものに対して「知りたい」と感じ、追いかけたくなる傾向があります。

とくに男性は、わからないことがあると、脳をフル回転させて、色々なことを知りたいと思うものです。

そのため、すべてを明らかにしないミステリアスな女性ほど、色っぽく見られることが多いよう。

どんな生活をしているのか、どんなことを考えているのか、自身のプライベートを明かさない女性は、無意識に色気を感じさせるでしょう。

2.「おあずけ」して追わせる!

人は逃げる相手ほど、追いかけたくなるもの……。

とくに男性の場合、獲物を追いかけたいという「狩猟本能」を持っています。

女性にかわされたり、するりと逃げられたりすることで、ますます追いかけたくなるのです。

モテる女子は、期待させるようなそぶりを見せておいてから、一線を守って相手に我慢させるなど、「おあずけ」をするのが得意。

このようにして、男性の恋心をますます刺激するのです。

3.いつも自然な笑顔をみせる

人の笑顔を見ると、釣られて笑顔になることってありますよね。

これは相手の表情が伝染して、自分の表情にも現れてしまうため。

男性は、どんなに仕事などで精神的に疲れていても、女性の笑顔をみると満たされます。

まさに「笑う門には福来たる」。

無意識にモテる女性は、自然な笑顔をつくるのが上手なのです。

どんなに落ち込むことがあったとしても、笑顔を絶やさずにいると不思議と恋のチャンスが舞い込んでくるはずですよ。

4.露出少なめの服装

肌の露出の多い服装を着ている人のほうが、色気を出せるように思うかもしれませんが、それは逆。

実は、モテる女性ほど、露出を控えた服装をしていることが多いです。

その理由は、「希少性の法則」にあります。

これは、「レアなものほどありがたい」と感じる心理傾向のこと。

肌があまり見えないことによって、服の中がどうなっているのか、男性の想像力をかき立てるのでしょう。

そのため、肌を露出しない女性は、清楚なイメージがつきやすくモテるのです。

余裕のある態度がポイント!

モテようと思って一生懸命がんばると、そこにはどこか不自然さが生まれてしまいます。

むしろ、恋愛に関心を持っていないときこそ、なぜかモテてしまう……というのが人間関係の不思議。

人は手に入りそうにないものに心惹かれ、追いかけてしまうのです。

モテたいときこそ、それを表に出さず、余裕のある態度をとることが大切でしょう。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)