男性と付き合う手前のような「いい感じ」まではいったのに、結局お付き合いには至らなかった……。

そうすると「どこか私にダメなところがあったのかな?」と悩みますよね。

実はそれって、ダメなところはないんだけど、彼にとっての「交際の決め手」がなかったのかもしれません。

でも、男性はどんな女性であれば「決め手」を感じるのでしょうか。

そこで今回は、男性が「この子と付き合いたい!」と感じる「交際の決め手」をリサーチ!

早速、その結果をご紹介いたします。

男性が「この子と付き合いたい!」と感じる「交際の決め手」って?

その子に「しか」ない魅力がある

たとえばテレビを観ていて、「あの芸能人カッコいい!」と感じることってありますよね。

でも、「見た目は確かにイケメンだけど、惹きこまれるような演技ではない」とか、「性格が普通すぎる」など。

彼が「顔は確かにイケメンだけど、特別なところはないな」と感じると、ファンになるとまではいかないはず。

一方で「ほかにはない才能」や、「尊敬できる部分」、クールに見えて実は面白いなどの「ギャップ的な魅力」など。

彼だけが持っている一面を知ると、いわゆる沼にハマっていきます。

たとえ芸能人としてルックスは普通だったとしても、長く応援していこうと思うはずです。

恋愛も同じように「その人にしかない何か」があれば、長く愛される要因になります。

逆に流されやすく「常に周囲のマネ」、「誰かと競ってばかり」のような「見た目だけの女性」では、数回のデートで終わってしまうかも……。

リアクションが上手

彼とデートをしていても、恥ずかしくてついモジモジしてしまう人もいるはず。

もちろん最低限の「ありがとう」「ごめんね」などが言えれば、悪印象は持たれないでしょう。

しかし世の中イイ子が選ばれるかといったら、決してそうではありません。

男性からすると自分のデートプランを思いっきり楽しんでくれるとか、笑顔で「おいしい!」とはしゃいでくれるとか、そういう「リアクション」に惹かれるんですよね。

喜びを表に出すって単純に思えますが、実はすごく効果があるんですよ。

欠点を補い合える

誰にだって欠点や短所はあるもの。

それをお互いに負担なくカバーできるとわかったとき、男性は「この子と付き合いたいな」と思います。

たとえば、下記のケースを見てみましょう。

ある男性Aくんと女性のBさんがいます。

Aくんは仕事が忙しい上に、割とせっかち。

しかも徹夜ができる人ではなく、しっかり寝ないとダメなタイプでした。

そのため同年代と比べると収入は良いけれど、とにかく日々時間に追われていたそう。

しかも思ったように仕事が進まないと、イライラしてしまうことも……。

そんなときに知り合ったのが、おっとりタイプのBさんでした。

もともとサポート業務が得意なBさんは、Aくんを生活面で支えてくれるように。

いままでお金目当ての女性ばかりを見てきたAくんは、彼女のその性格に「結婚するならこの人!」とさえ思ったそうです。

将来お互いに支え合えると感じたら、交際はもちろん、結婚まで考えられますよね。

あなたに「しか」ない武器を見つけて!

「この子のこういうところが良いな」と思って、交際を決意する男性も少なくありません。

ぜひあなたに「しか」ない武器を見つけて、固めたアプローチ法を使って彼に接近したいものですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)