気になる相手と距離を縮められたものの、なかなか恋愛対象として見てもらえない……。

そんな悩みを抱える方は、意外と多いのではないでしょうか。

実はそれ、好きな相手に対してついつい世話を焼いてしまう優しい女性が陥りがちな「お母さん化」が原因かもしれません。

今回は、男性から「お母さんみたい」と思われがちな、優しすぎる女性の特徴を解説します。

大好きな彼にいつまでも恋愛対象として見てもらいたい方は、参考にしてみてください。

「お母さんみたい」になってしまう優しすぎる女性の特徴

彼の家のたまった家事を片付ける

彼の家に遊びに行った際、彼が散らかした部屋を掃除したり、彼が溜め込んだ洗濯物や食器を片付けたりしていませんか?

自分が散らかしたものを片付けたり、家にお邪魔したお礼程度に家事を手伝ったりすることは問題ありません。

でも、無償で彼の家政婦さんになってしまうのは、絶対にNG!「綺麗な状態の家に招きたい」と思ってもらえる相手でいましょう。

もしも彼が、家事をあなたに頼ってしまっているようなら、しばらくお家デートは控えたほうがいいですね。

デートの行き先を毎回予約してあげる

彼とのデートでは、映画館や遊園地、飲食店、ホテルなど、さまざまな場所に出かけるかと思います。

それらの予約を毎回、あなたが行なっているようなら、お母さん化してしまう危険があるので要注意!

「彼が面倒くさがる」「自分でやったほうが早い」など、理由はあるのかもしれませんが、ときには彼に頼ってみましょう。

あなたが予約するのが当たり前になっていたとしても、「今回は〇〇くんが予約しといてくれたら嬉しいな」と、可愛くお願いしてみれば、意外とすんなり動いてくれるかもしれませんよ。

嫌なことをされても許してしまう

嫌なことをされても許してしまう

彼に嫌われたくない一心で、何をされても怒らず、許してしまうタイプの女性も、お母さん化予備軍です。

傷つく言葉を言われても、不機嫌を態度に出されても、最悪の場合浮気をされても、気にしていないように見せかけて、明るく振舞ってしまっているようなら要注意。

「この人は何でも許してくれるから大丈夫」と、彼が甘えてしまい、反抗期の子供のような態度で接してくるかもしれません。

嫌なことをされたら、注意したり怒ったりしていいのです。

自分の幸せのためにも「人として大事にしなければ、離れていってしまう女性」になりましょう。

「お母さんみたい」と思われたら、恋愛対象から外れる可能性も

彼にとってお母さんのような存在になってしまうと、恋愛対象から外れてしまう可能性が高いので気をつけて。

あなたを女として見れなくなったという理由で、別れを切り出してきたり、他の女性と恋を始めてしまったりするかもしれません。

好きな人に尽くしたい気持ちもわかりますが、お付き合いを長続きさせたいのであれば、加減も必要ですよ。

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)