みなさん、マフラーはどんな風に巻いていますか?

「アレンジがわからず、いつも同じ巻き方になってしまう」「家を出る前に慌ただしく巻くので、ただの防寒具になっている」という方も多いかと思います。

マフラーは、きちんと活用すれば恋をアシストしてくれる有能アイテムなのに、もったいない!

今回は、冬のデートで活躍間違いなしの「男性ウケのいいマフラーの巻き方」を解説します。

好きな人に「なんだか今日カワイイ」と思わせたい日に、ぜひ試してみてくださいね。

目指すは小動物系女性!男性ウケのいいマフラーの巻き方

あざとかわいい「バック巻き」

あざとかわいい女性になれるバック巻きは、結び方も簡単でおすすめ。

ふんわりとした素材のマフラーを使えば、小顔効果も期待できます。

普段のオフィスカジュアルな服にも、ガーリーなデート服にも似合うので、迷ったらとりあえずこれ!

①前側にマフラーの両端がくるよう、一周巻きつける
②顔の前で両端を結ぶ
③結び目が後ろになるようマフラーの位置を回す
④形を整えたら完成!

女の子らしい「キャンディー巻き(クロス結び)」

女の子らしさを出したいなら、キャンディのようなかわいらしいシルエットができるこの結び方がおすすめ!

長さのあるマフラーを使うと、キレイな形に仕上がりますよ。デザインは無地などシンプルなものを選んでみてください。

①マフラーの中心にゆるく結び目を作る
②結び目がのどの位置にくるようににして一周巻きつける
③片方の先端を①で作った結び目に通す
④もう片方の先端も結び目に通す
⑤キャンディの包みのように形を整えて完成!

オシャレに見せる「ポット巻き」

暖かさとオシャレ感を両立してくれるのが、ポット巻き。

長さのあるマフラーを使うと、ゆったり結べてボリュームが出ます。

首周りが寒そうに見えてしまう、PコートやVネックのトップスと合わせるのもおすすめ!

①左右に垂れる長さが同じとなるよう、ゆったりと一周巻く
②首元の輪っかをねじって、もう一つ小さな輪っかを作る
③②で作った小さな輪っかに、上側から両端を差し込む
④形を整えたら完成!

冬はマフラーで小動物女性アピール♡

今回ご紹介したのは、すベてボリューム感の出る巻き方です。

ふんわりとしたマフラーに顔の一部をうずめれば、男性が大好きな、小動物系女性にもなれますよ。

今年の冬は、ただの防寒具ではなくモテアイテムとして、マフラーを活用してみてください。

(オルカ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)