恋愛対象として見てもらえなかったら、どれだけ仲良くなっても恋人にはなれません。

だからこそ、男性がどういった女性を恋愛対象外にするのかは、理解しておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は、男性から「恋愛対象」として見てもらえない理由を紹介します。

いい友達だね…男性から「恋愛対象」として見てもらえない理由

「興味がある感じ」がしない

「一緒にいるときに楽しそうにしている感じがしない女性には、なかなか踏み込めないです。

なので、そのまま疎遠な状態になっていっちゃいますね」(27歳/男性/イベント制作)

相手が自分に興味を持っていないと感じたら、男性もその女性に興味を抱けないはず。

話していても乗り気じゃないように見えたり、ずっと受け身の状態だったり、笑顔があまり見られなかったり…。

そういった行動を取られると、男性は壁を感じるでしょうから、なかなかあなたに近づこうという気持ちにはなれずに、どんどん距離ができていくことになるでしょう。

「友達」と言いすぎる

「友達って何度も言われると、恋愛関係としては意識しにくくなります。

アプローチしたところで無理だろうなって思いますしね」(31歳/男性/WEBディレクター)

「友達だから」とか「友達じゃん」などと、友達ということを何度も宣言されると、男性の中でもあなたを友達以上の相手には意識しにくくなります。

仲良しアピールをするのだとしても、気になっている男性に対して、自ら友達だと言いすぎるのは逆効果になりがち。

「大事な人」とか「特別な存在」といった言い方にしたほうが、ドキッとさせて男心をかなり揺さぶることができますよ。

会話に「色気」がない

会話に「色気」がない

「いつでもくだらない話しかしない子とは、仲のいい友達以上にはなれないかな。

お互いに恋愛モードに切り替えられないでしょう」(28歳/男性/営業)

ただの友達ではなく、恋愛相手として意識させたいのであれば、やはり多少はドキドキさせることも必要。

いつも笑える話や飾り気のない話ばかりをするのではなく、たまには色気のある話をするように心がけると、男性のあなたを見る目は変わってくるものです。

特に、ロマンチックな場所やいいムードのお店に行ったときなどは、変に茶化したりはせずに、相手への好意や感謝を伝えるようにしてみてくださいね。

「恋愛のこと」ばかり考えている

「いつも恋愛の話ばかりをしていて、恋愛のことしか考えていないような女性は恋愛対象に見られないかも。

付き合ったら大変そうですよね…」(32歳/男性/建築関係)

何よりも恋愛が大事で、いつも恋愛のことばかりを考えている女性は、男性からするとちょっと重い感じがします。

恋愛に依存しているようにも見えるので、「付き合ったらめんどくさそう」という思いが拭えないかも。

恋愛だけではなく、ほかにも夢中になれるものを持っている女性のほうが、男性は魅力的に感じるので、恋愛がすべてにはならないように意識してくださいね。

おわりに

やはりそれとなく好意を示して、多少は恋愛を意識させるような行動を見せないと、なかなか関係性は発展しないでしょう。

逆に、あなたの好意を感じたら、男性は一気に心を揺さぶられるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)