「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

「浮気症の元彼から復縁を迫られているんですが、どうしたらいいでしょうか?」という相談がTwiiterに寄せられました。

相談者の気持ちとしては、復縁したい感じが伝わってきますね。

復縁することはよくある話で、ただ僕の周りではだいたい復縁しても、そのあと別れてるカップルが多いです。

特に相談者のように元彼が浮気症といういわくつきな男性だと、いくら未練があって好きだとしても、軽々しく簡単に寄りを戻さない方が賢明。

今回は、元彼との復縁をテーマに書いてみたいと思います。

浮気症の元彼と復縁するときに絶対注意すること

1、追いかける恋愛

よく聞く、「恋愛は追いかけたい?それとも追いかけられたい?」という質問。みなさんはどっちですか?

マジョリティは、追いかける恋愛の方がドキドキするし楽しいと思っているはず。

相談者の元彼のように浮気症の男性は、おそらく魅力的な人だと思いますが、つきあってる当時は何かと振り回されて大変だったのではないでしょうか。

おそらく相談者も口癖のように、「もうイヤ、絶対別れる。」と言ってたことでしょう。

振り回されてるときは嫌だったけど、「追いかけている恋愛」は、恋愛としては意外と充実してることの方が多くて我慢できていたのです。

2、別れたあとの彼からの連絡

別れよう!と言ったのは彼だったのに、別れた後に連絡してくるのはだいたい男性側。

この時、復縁を希望する連絡が来たからと簡単に喜んではいけませんよ。

これは一時的に発症している寂しさからくる男性特有の病気のようなもの。男性は別れても独占欲が残ってるので、ついつい連絡してしまうんです。

「元気してる?」「ふと気になって」など、つきあってる時には言ってくれなかったようなやさしさを垣間見せてきます。

僕から言わすと、このケースはあまり鵜呑みにしないのが吉です。結果、この言葉を信じて戻ったとしても同じことの繰り返しになることが多いです。

3、条件付きで戻ること

3、条件付きで戻ること

マイナス的なことばかり言いましたが、仮に復縁したいなら、必ず条件付きで復縁すること。

特に相談者のように元カレが浮気症なら特にそう。浮気なんて覚せい剤と一緒で再犯する可能性大ですから。

例えば、復縁するなら結婚を条件にするなど、こんな重たい条件を突き付けてもバチはあたりません。

彼から復縁を迫ってきたなら、尚更そうしましょう。じゃないと時間の無駄ですよ。

最後に

復縁は決していけないことではないです。

お互いのことをよくわかってるわけですから、何かの勘違いや気持ちのボタンの掛け違いで別れたなら、お互い話あって復縁するのもいいでしょう。

ただ、浮気だったりお金にまつわることだったり、人として救いようもない理由で別れたとしたなら注意。

別れた理由に対して重い足かせを背負うなら復縁OKとはっきり言って約束させましょう。

何度も言いますが、時間は巻き戻せないし貴重ですよ。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)