浮気がバレても、こりずにまた浮気を繰り返してしまう男性っていますよね。

一度であれば「気の迷い」と言い訳できるかもしれませんが、何度も続くとなると、さすがに理解も擁護もできません。

そもそも複数の女性と遊びたいのであれば、特定の彼女を作らなければいいのに……!

彼らはいったい、何を考えているのでしょうか?今回は、「浮気癖が直らない男性の心理」について、解説していきます。

浮気癖が直らない男性の心理とは?何度も浮気を繰り返す理由

絶対にバレないと思っている

「浮気=悪いこと」という認識はあるものの、その背徳感をスリルとして楽しんでいるタイプの人もいます。

「バレなければいい」「どうせバレないだろう」と高をくくっているのです。

でも、女性の勘や探偵力を侮ってはいけませんよね……!

そういう人にかぎって脇が甘く、結局バレてしまいます。

このタイプは、浮気の背徳感に飽きるか、スリルを楽しむよりも優先したい愛情が芽生えるかしないと、なかなか浮気癖が直らないでしょう。

罪悪感がまるでない

浮気に対してまったく罪悪感を抱かないため、何度怒られても繰り返してしまう人もいます。

理解をするのは難しいと思うので、「そういう倫理観の人なのだ」と考えたほうがいいでしょう。

彼女が誰であろうと浮気を繰り返すような人なので、長い付き合いの友人も、呆れて何も言わなくなっているパターンです。

本人もそこにアグラをかいて「俺は浮気をするキャラだから」と、堂々としていることも多いようですね。

彼女のことは好きだけれど「浮気が原因でフラれるようなら、それでいいや」と思っているので厄介です。

そこそこモテるので、また新しい彼女を見つければいいと割り切っているのでしょう。

「人」を好きになりやすい

人をすぐに好きになってしまうがゆえに、浮気を繰り返すという人もいます。

体だけの浮気にとどまらず、気持ちまで「好き」になってしまうところが厄介ですね。

ちなみに、好きな人ができたからといって彼女と別れないのは、彼女のこと「も」好きなままだから。

同時に複数人を好きなってしまうタイプなのです。

とはいえ、彼女が一番大事なら、理性を働かせて浮気したい衝動を抑えられるはず。よく話し合う必要があるでしょう。

辛い思いをするくらいなら…

残念ながら浮気癖はなかなか直らないもの。

一度の過ちなら反省を期待して信じてあげられるかもしれませんが、何度も繰り返されるようなら話は別です。

辛い気持ちを我慢してまで付き合う必要があるのか、自分の中でよく考えてみましょう。

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)