好きな男性との恋を叶えるためには、まずは仲良くなることが大事な第一段階です。

上手に近づいて打ち解けていければ、そのままふたりの関係を進展させやすくもなります。

そこで今回は、好きな男性と「仲良くなる」ための心得を紹介します。

上手に近づく!好きな男性と「仲良くなる」ための心得

最初は「壁があること」を理解する

好きな男性と仲良くなるためのまず最初の心得は、「いきなり仲良くなれる」と思い込まないこと。

よく知らない相手に対しては、警戒心などがあって当たり前なので、壁を感じることにもなるかもしれません。

でも、そこでもう諦めたり、「嫌われているんだ」なんて思ったりするのは、さすがに気が早すぎます。

壁を徐々に壊していくのが仲良くなっていくという行為なので、そのことを理解して、初めから期待ばかりを膨らませないように注意してくださいね。

いきなり「深入り」はしない

いきなりズカズカとプライベートな部分にまで入り込んだら、間違いなく嫌悪感を抱かれるもの。

仲良くなりたいがための行為であったとしても、相手の男性はそうは受け取ってくれない可能性が高いです。

気になっている男性のプライベートを知りたい気持ちは大きいでしょうが、それはとてもデリケートな部分でもあります。

そのため、ちゃんと順序を考えないと、仲良くなるどころか距離を置かれてしまうだけですよ。

「いい子」を演じすぎない

「いい子」を演じすぎない

好きな男性に対しては、自分のいいところを見せたいという思いがとても強くなるでしょう。

だからこそ、どうしても「いい子ちゃん」を演じてしまいやすい傾向にあります。

いい部分をアピールするのは間違っていないですが、本当の自分を隠しすぎると、いずれ取り返しのつかないことになるかも。

少しずつ素の部分を見せながら仲良くなっていけたら、本当の意味で打ち解けられるので、良く見せることだけに注力するのは避けるようにしてくださいね。

「好きなもの」を取り入れる

好きな男性と仲良くなりたいのなら、その男性の好きなものを調べておくといいかも。

趣味や夢中になっているもの、好きな映画や音楽などがわかれば、急接近できるきっかけができるでしょう。

また、男性の好きなものを自分でも取り入れてみたら、「共通項」が生まれます。

それについて会話をしたり、色々と教えてもらったりすることで、自然とコミュニケーションが増えていくはずですよ。

焦らずじっくりが大切!

仲良くなっていくには、段階を踏んでいかなければいけません。

そこを焦って飛ばしすぎると、せっかくのチャンスが台無しになってしまうので、信頼を生むためにもじっくり関係性を深めてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)