デートの行き先やご飯など、女性に聞かずに全部勝手に決めてしまう男性は少なくありません。

これって本命と思われてないから雑に扱われているの?とモヤモヤしたとき、どうするのが正解なのでしょうか。

男性に聞いてみました。

本命?遊び?「何でも勝手に決めてしまう男」が考えていること

メニューは男性が決めるのがマナーだと思っている

「レストランでは男性がリードした方が良いと思っているので、女性にはメニューを渡さないです。

でもちゃんと『苦手なものはない?』と確認していますよ」(24歳/電機メーカー勤務)

メニューを見てどれにしようか選ぶのが楽しいという人からすると、相性が悪いのがこのタイプ。

彼に悪気はないからこそ、モヤモヤしてしまうのではないでしょうか。

でも、そのまま付きあっていてもストレスが溜まってしまいます。「自分で選ぶのが好き」というのは早めに伝えたほうがいいでしょう。

彼女に任せると永遠に決まらないから

「お店でメニューをパパッと決めないのって、時間の無駄だと思うんです。

彼女が優柔不断なので決めてもらおうとすると時間がかかりすぎるんですよね……。

旅行の計画なんて任せた日には、行き先をどこにするのかも永遠に決まらないです。

延々じゃなくて、ほんとに永遠に……」(29歳/コンサルティングファーム勤務)

効率重視の男性だと、「待つのがイヤだから決めてしまう」という意見も。

これは女性の側も少し気をつける必要がありそうですね。

デート代が大変だから

デート代が大変だから

「僕の彼女、お嬢様育ちなので『好きなの頼んで』っていうとバカ高いメニューも平気で頼むのでお会計がやばいことになってしまうんです。

男としてはあまり情けないところは見せたくないし、上手くクーポンや割引も使いたいけれどそれは知られたくない気持ちもあるので、任せてほしいですね」(31歳/医院勤務)

実はお財布事情が厳しくて彼女に選ばせられない……というのは男性としてはなるべく知られたくないでしょうね。

2人の共同財布を作ってデート代を出す、割引プランを探してあげるなど、積極的にデート代を節約する方法を提案してあげると彼も内心嬉しいはず。

より2人の距離も縮まるでしょう。

本命か遊びかは関係なく、彼の性質によるものが大きい

男性に「なぜ勝手に決めてしまうのか?」について聞いてみましたが、そもそも勝手に決めることが問題だと思っている人はいませんでした。

むしろ「リードしなくてはいけない」と思っている人が大半で、女性の側が不満に思っていることすら気付いていないのです。

本命や遊びかという問題ではないので、こればかりは素直に「一緒に決めたい」という自分の気持ちを伝えて、その方が彼女が喜んでいると伝えてあげるのが正解ですよ。

「本当は好きに選ばせたいけれど予算的に無理」という意見もありました。

彼が無理して背伸びしていないかどうかは女性の側もよく見てあげた方がいいのではないでしょうか。

行くお店や内容を変えたら「好きなの選んで!」に変わるかもしれませんよ。

(ライター/上岡史奈)

(愛カツ編集部)