付き合いはじめはどんなに愛されていても、いつのまにか「飽きられてしまう」こともあります。

「飽きられやすい女性」と「飽きられない女性」の違いは、どこにあるのでしょうか?

それを知ることができれば、長続きする恋愛ができるようにもなるでしょう。共通点をご紹介します。

ずっと愛される!男性を「飽きさせない」女性の共通点とは?

自分の意見を言える

全てを彼氏任せにしていたり、彼氏に言うことには何でも従うようになってしまうと、結局は「一緒にいてもつまらない」と彼氏には思われてしまうはず。

好きだからこそ、彼氏の意見に合わせようと考えるのかもしれませんが、常にそんな状態でいたら逆効果になるだけです。

ちゃんと自分の意見や考えを持っていて、それを言ってくれる彼女の方が、ふたりで色々と話し合ったりしながら交際を楽しめるもの。

何でもお任せにされると、「俺と一緒にいても楽しくないのかな?」なんて誤解を与える危険性もありますよ。

必要以上に踏み込みすぎない

いくら恋人同士とはいっても、お互いにプライバシーは尊重するべきだし、適度な距離感は保っておくことが大事。

そういったことを無視して必要以上に踏み込んでしまうと、彼氏には鬱陶しくも思われるし、窮屈にも感じられてしまうことでしょう。

いつも一緒にいようとしたり、何でも把握したがったり、いちいち行動を細かく詮索したり……。

好きだからこそやってしまいがちな行動ですが、その行動こそが飽きられたり嫌がられたりする大きな原因となりますよ。

ときには甘える・頼る

男性は女性からは頼りにされたいし、甘えられたりもしたいもの。

特に彼女から頼りにされると、自分への信頼感や存在価値を感じられるので、「守ってあげたい」という気持ちにだってなるはず。

何から何まで頼りまくるのはよくないですが、ときには甘えて頼るときには頼るようにすると、いつまでも信頼し合える関係性も築けるでしょう。

彼氏の得意な分野に関して教えてもらったり、最後の大事な決断は彼氏にしてもらうようにすると、上手にプライドもくすぐれちゃいますよ。

彼氏が全てではない

彼氏以外に何も興味がなくなり、彼氏が全てのような状態になってしまうと、自分に依存されているように感じて、彼氏は逃げ出したくなるはず。

愛情が大きくなっているからこその行動であっても、彼氏にはそうは受け取ってもらえないでしょう。

恋愛だけではなく、仕事や趣味など夢中になれるものを持ったり、友達との時間もちゃんと持つようにすることが大切。

自分といる以外の時間も楽しんでいる彼女の方が、一緒にいて刺激的ですし、会えない時間に気になったりもするものですよ。

ずっと一緒にいたいと思われるには

何でも思い通りになったり、彼氏のことしか見えないような状態になってしまうと、結果的には飽きられてしまうだけ。

ちゃんと「自分」を持っている女性こそ、男性が「ずっと一緒にいたい」と感じる彼女ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)