付き合って数ヶ月も経てば、おうちデートもマンネリしがち。

最初はふたりで映画を観るだけでも新鮮だったのに、それが当たり前になると、リラックスできてもワクワク感は減りますよね。

そこで今回は、彼との時間を最高に楽しめるデートをご紹介。

交際が長くなってもデートは楽しまなないとですよ!

マンネリを防ぐ!彼との時間がもっと楽しくなる「おうちデート」3選

1.トークテーマトランプ

彼と部屋でゴロゴロしたり、テレビや映画を観るのもいいけど……会話の量ってどうでしょう?

交際当初に比べ、減っていませんか?

会話も身体の関係と似たようなもので、減っていくとまた昔のように会話するのって難しいですからね……。

おしゃべりな彼ならいいですが、もともと口数が少ない彼なら、あっという間に会話レスになりますよ。

そうなると、意思の疎通すら難しくなってしまう可能性も。

できれば、一緒にいるときは極端に会話が減らないようにしましょう。

たとえば、やったことがある人もいるかもしれませんが、トークテーマトランプを使ってみてはいかがでしょうか。

トランプに「子供の頃の将来の夢の話」「ブサイクで金持ちか美形で貧乏ならどっちを選ぶ」「最近笑った話」など、54種類のトークテーマが書かれています。

何かゲームをして、引いたカードのお題を話すなどに使えますよ。

別にトランプを買わなくても、小さな紙にテーマを書いて、文字が見えないように畳み、箱に入れて混ぜて引くでも十分遊べるし、お互いのことを今よりも知るきかっけにもなるかも。

2.たこ焼きロシアンルーレット

時間帯によってはおうちデートで一緒に食事することもありますよね。

普通に作ったものを食べたり、デリバリーをして食べるというのもいいですが、それだといつも通りのおうちデートの食事になりませんか?

たまにはゲーム感覚で食事するのもアリかと思います。

たとえば、たこ焼きロシアンルーレットで、激辛を入れたり変わりダネを入れたり、目隠しした状態でお菓子を食べ何味か当てたりするのも楽しいです。

他にも、安いお酒と高いお酒を飲んでどちらが高いか当てる格付けチェック的な遊びもアリですよ。

ただ食べるのもいいけど、工夫することで食事も斬新になります。

3.薄暗い部屋でホラー映画を観る

少し前に読んだ心理学の本に「暗い」「怖い」「狭い」は男女を急接近させる、ということが書かれており、おうちデートでも十分使えるなと思ったのです。

人は薄暗い場所は警戒心を緩め心を開きやすくする効果があり、恐怖や不安を伴う場所では無意識に誰かと一緒にいたいという気持ちが生じ、実際よりも一緒にいる相手を頼もしく思うそう……。

また女性の場合、狭い場所、たとえばドライブで狭い車内を過ごすと相手とは協調性が生まれ仲良くなるらしいです。

なので、部屋を薄暗くして彼とくっついてホラー映画を観るとか……「暗い」「怖い」「狭い」を網羅していて最高ですよね?

もし彼もあなたもホラー映画が超絶苦手じゃないのなら、一緒に観るのもいいお家デートになりますよ。

工夫次第でエキサイト!

おうちデートも工夫次第で、かなりエキサイトします。

マンネリして「好きかわからない」とならないためにも、おうちデートを存分に楽しみましょう!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)