男性が魅力的に感じる女性のイメージは、私たち女性から見ても「高嶺の花」というイメージがついて回ります。

ところが、男性の本音を聞いてみると、意外と「いいな」と思う女性は、普通の女性であることが多いのです。

今回は、男性がいいなと思う女性の特徴を4つ紹介しましょう。

一緒にいると安心できる…!「男性がいいなと思う女性の特徴」4選

マスクを手作りしてくれた

「ある女性が僕に手渡してくれたものは、手作りのマスクでした。“コロナが流行ってるから”の一言で、彼女がどんな人柄なのかを理解することができました。

他にも疲れていることを察してくれたのか、小包装の甘いものを差し入れしてくれたりとよくしてもらったのを覚えています。僕のことを思っての心からの思いやりにほっとしたんです」(Kさん・33歳男性/エンジニア)

男性を思っての行動は男性にきちんと伝わるようです。

上辺だけの思いやりの言葉ではなく、行動で示せるといいですね。

自分がどうされたら嬉しいのかを考えられると、より男性の気持ちも分かるようになるでしょう。

自立心が高い

「実は甘えられるのが苦手な男も意外と多いと思います。“彼女には弱さを見せたい”と感じたり“抱きしめてほしい”と思う甘えん坊な男は意外と多いです。紛れもなく僕もそのうちの一人。

そんな男は彼女から“会いたい”とか“寂しい”と言われちゃうと、自分の気持ちを押し殺しちゃうんですよね。それでだんだんと疲れてきちゃう。どっしりと構えてくれる女性の方が、僕には合ってる気がします」(Uさん・25歳男性/自営業)

競争社会を生きる男性も、彼女の前くらいは「甘えたい」のが本音なのです。

自分に甘えられすぎちゃうと彼女には頼れなくなってしまうのが男のプライド。

たまには男性を甘やかしてあげられる日を作れるといいですね。

否定しないで話を聞いてくれる

「自分の意見が言えるのは素晴らしいことだとは思うのですが、我が強い女性は少し苦手です。

僕の話を否定ばかりされたり、せかせかと返事をされると怖いイメージを持ちますね。何も言わず穏やかに話を聞いてくれる人が好きで、そのあとの返事も間をとってくれるとリラックスして話せます」(Kさん・29歳男性/アパレル)

誰だって自分の話を否定ばかりされたら傷つきますよね。

否定しないで話を聞いてあげる度量を持つことも大事でしょう。

言葉の選び方で、相手の受け取る印象は随分と違うものになります。

様々な返答をするためには語彙力が必要であり、相手が傷つくようなことがない会話を目指しましょう。

声が明るい

「明るい声のトーンの女性は一緒に話していても楽しいです。ハキハキとして聞き取りやすいので、テンポのいい会話ができます。

つい浮かれて出てしまった冗談なども、明るくノリツッコミしてくれる女性だと“この先も楽しく過ごせそう”と付き合った後を想像しやすいです」(Mさん・21歳男性/大学生)

声が明るいと、それだけで「性格も明るい子なのだろうな」と思ってもらえます。

守ってあげたくなるようなタイプも根強い人気ではありますが、流行りの女優さんを見れば分かる通り、はつらつとした女性も多いものです。

相手が聞き取りやすく、聞いていて楽しくなるような元気な声を出せるといいですね。

男性がいいなと思う女性は素朴女子かも

男性が「いいな」と本能で感じる女性は、女性ならではのきめ細やかな思いやりなのかもしれません。

女性らしいルックスばかりにこだわるのではなく、自分の内面の魅力を押し出すことがモテへの近道なのです。

昔から女性は「愛嬌」といいますよね。

その愛嬌とは、女性ならではの思いやりや信頼感なのかもしれませんね。

(東城ゆず/ライター)
(愛カツ編集部)