交際前が一番楽しいとはいいますが、当事者からすると楽しいなんて言っていられないくらい、不安のほうが勝ってしまいますよね。

「もし彼がほかの子と付き合ったらどうしよう」「まだ元カノが忘れられないのかな?」など……考え出すとキリがないでしょう。

彼の言動から、少しでも脈アリを知ることはできないのでしょうか。

そこで今回は「男性がこっそり出している『大好きサイン』」についてご紹介します。

本命女子にはココが違う!男性がこっそり出している「大好きサイン」って?

1、「ありがとう」が多め

「男同士だと普段そこまで『ありがとう』って言わないんだけど、本命女子には小さなことでもお礼を言っているかも。

たとえば飲食店で箸を取ってくれたときとか、本当に些細なことですね。あとはデート後に『今日は会ってくれてありがとう』ってLINEも送ります。

いい人に見られたいって思いもあるけれど、好きな子といると本当に感謝の気持ちが生まれるんです」(22歳/大学生)

本命女子といると、無意識に「ありがとう」と言う回数が増えるようです。

逆にどうでもいい子や、すでに気持ちが冷めた彼女相手だと、何かしてもらってもお礼さえ言わない男性も多いもの。

純粋に感謝の気持ちが芽生えるのは、それだけ本命女子を好きな表れかもしれませんね。

2、歩幅やお店など、女子に合わせてくれる

「基本的にインスタ映えランチよりガッツリ飯が好きです。でも好きな子が行きたい場所に合わせますね。結局は喜んでくれる顔が見たいんです」(24歳/通信)

歩幅はもちろん、行きたい食事や店など、自分のできることなら本命女子に合わせるとの声が聞かれました。

それで本命女子が喜んでくれるなら十分なので、多少の我慢も苦にはならないようです。

3、普段は恥ずかしくて褒められないけれど…

「内心『かわいいな』って思っていても、直接本人に言うのは恥ずかしい。

だけど本命女子が『ダイエットしようかな』『整形しようかな』なんて言い出したら『ダイエットしなくても細いじゃん!』とか『どこも整形するところないでしょ!』と、いまのままで十分かわいいことを力説しますね」(28歳/サービス業)

普段は恥ずかしくて言えないけれど、本当は本命女子を褒めたいと思っているもの。

何気なく「痩せたいな」なんて言った際に、彼が「いまのままで十分かわいいじゃん!」と全力で止めてくるようなら……。

少なくてもあなたに好意的なのは間違いないでしょう。

本命女子には無意識に優しくなれる!

好意を伝えるのが恥ずかしいのはもちろんですが、男性陣は自分の気持ちを伝えて本命女子を困らせたら申し訳ないと考えているみたい。

そんな彼らだからこそ、常に優しさを持って本命女子と接しているようです。

彼といると穏やかでいられるのは、それだけ大切にされている証拠なのかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)