お付き合いしているときは魅力的でも、結婚すると実はダメ男だった!

そんなケースも、少なくありません。

できることなら、結婚する前、お付き合いの段階で見極めておきたいところ……。

今回は、結婚相手に選んではいけない男性の特徴を3つご紹介します。

「結婚相手に選んではいけない男性」の特徴3つ

1.お酒に飲まれてしまう

「普段は穏やかな私の彼の趣味は、お酒。彼と共通の知人はおらず、お酒を飲む機会はそうなかったので、気にならなかったのですが……。

たまたま一緒に飲みの席に参加したとき、気が大きくなった彼が、周囲の人に手当たり次第におごり始めてびっくり!酔うとよくあることだと聞き、引いてしまう自分がいました。

彼は翌日、あまり覚えていない様子。
結婚するつもりでしたが、考え直している最中です」(28歳/メーカー勤務)

お酒好きな人は、ついついたくさん飲んでしまいがち。

楽しく飲む分には問題ないかと思いますが、次の日は覚えていない状態では注意しても意味がありませんよね。

一晩でお金を使い込み過ぎてしまう恐れがあるため、結婚すると苦労する可能性が高いでしょう。

2.周りに対して思いやりがない

「いつも優しい彼ですが、ひとつ気になるのは店員さんへの態度。上から目線の態度を注意しても『でもお金払ってるし、これもサービスのうちだよ』と気にもとめませんでした。

その後、結婚の話が出て家族に初対面したのですが、家族への態度も店員さんに対する態度と同じで……。結婚して家族になったら私への態度もこうなるかもと思うと、一気に不安が増してしまいました」(27歳/販売員)

いくら彼女に優しい男性でも、店員さんや家族に対する態度が乱暴な場合はNG!

興味が冷めたり家族になったりした途端、あなたにも乱暴な態度になる可能性があります。

周りに対しての思いやりが感じられない相手とは、結婚はやめておきましょう。

3.お金遣いが荒い

3.お金遣いが荒い

「一流企業に勤めていて、申し分ないスぺックの彼だったのですが、お金遣いがどうも荒い……。デート中もふらっと立ち寄ったお店で、値札を見ずに買い物したり、10万円近い金額の靴を購入したり散財しまくり。

そのくせ、食事は毎回割り勘で、私へのプレゼントはそうお金をかけるわけでもありません。結婚すると苦労するのが目に見えたため、お別れしました」(24歳/受付)

無駄使いが多いと、どうしても将来設計に不安がよぎります。

収入が多ければ多いほど、財布の中身を気にせず散財する傾向にあるよう……。

また、自分にお金をかけるのに、彼女にはお金をかけないのは、自分が一番の「ナルシストタイプ」かもしれません。

目についた「欠点」には要注意!

結婚相手を考えるときは、理想を挙げがちですが、避けておきたいポイントを考えておくことも重要です。

欠点に目をつぶって結婚を強行すると、後から後悔することにもなりかねません。

上記に該当するような男性は避け、理想通りと行かずとも妥協できる男性を見つけましょう。

(愛カツ編集部)