気になる相手とのLINEでのやり取りの中で、「面倒くさい」と思われるのは嫌ですよね。

今回は、男子が「この子とのLINEをやめたい」「LINEを交換したの失敗だったな」と思う瞬間を紹介します。

ついついやりがち?な「嫌われLINE」には、どんなものがあるのか見ていきましょう。

男性が「もうこの人とLINEしたくない…」と思う瞬間

[nextpage title=”:どんなLINEが嫌われる?”]

質問が多すぎる

「LINEの交換をした日から質問攻めされたときは、即ブロックでしたね……。
まだ相手のことをよく知らないので、返事を書くのがめんどくさくて。
『なんでこんなことまで教えなきゃいけないんだ』と思ってました」(26歳/人材)

相手に対して好意が高いほど、相手を知りたいと思うのは当たり前のこと。

しかし、質問を短期間に多く投げかけてしまうと相手は戸惑ってしまうでしょう。

自分が1つ情報を出したら、相手にも質問を1つするくらいのペース配分を守りましょう。

愚痴が多すぎる

「愚痴とかネガティブな発言ばかりで嫌になるってことはありますね。
もっと建設的な話をしようよって思います」(29歳/コンサルティング)

女の子同士なら愚痴の言い合いをしてスッキリするなんてこともありますが、男性にはその思考はあまり通じません。

しかも、まだ知り合って間もない相手であればなおさらです。

できればネガティブなことはあまり言わない方が良いでしょう。

時間がおかしい

時間がおかしい

「仕事中とか真夜中とか、こっちの都合を考えずにLINEしてくるのはどうかと思います。
相手だって仕事とかしているハズなのに、って考えると『あんまり真面目じゃないのかな?』とも疑いますし」(28歳/IT)

LINEは簡単に送れるからこそ、送っても良い時間などのマナーを忘れてしまいがち。

LINEを送っても良いか迷ったら、電話に置き換えて考えてみましょう。

もし「電話するには不適切な時間だ」と思うなら、LINEだってしない方が良いんです。

アプローチが急すぎる

「気持ちが強すぎたりアプローチが急すぎると困ると言うか……。
押され過ぎると引いてしまうこともありますし。大人なのでもう少し焦らずにいきたいですね」(32歳/教育)

一目惚れに近い状態の相手とLINEが交換できたら、気持ちが舞い上がってすぐにでも告白をしたい気分になってしまうかもしれません。

ですが、あまりに急激に思いを伝えてしまうと、相手に逃げられる可能性があることをお忘れなく。

少し慎重すぎるくらいがベスト

LINEの交換ができた状態は、まだまだお互いに相性が合うかどうかもわからない時期です。

LINEは文字情報のみで本心が伝わりにくいツールであることを考えて、慎重にやり取りしてみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)