13日はやぎ座で新月が起こり、2020年にやり残したことを振り返るかもしれません。

コロナ禍でどう恋を進めていくかは、去年の体験を活かせるかどうかがカギになります。

思うように動けず年を越してしまった人は、抑えきれない想いがあふれ出るかもしれません。

そんな1/11~1/17の恋愛運ランキングをまずは11位から見ていきましょう。

1/11~1/17の恋愛運ランキング・1位のおとめ座はリラックスが大事

11位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

うれしい出来事はあっても、恋愛につながらないかもしれません。

また、オンラインデートやネット婚活が期待外れに終わる可能性が。

ただ、そのガッカリ感は、「こうなったらいいな」「こうなるはず」と期待しすぎることで生まれるはず。

良い意味でノープラン、何も考えないほうが起きたことを冷静に判断できるでしょう。

そうすれば、自分には関係ないとスルーしそうなところで新しい出会いがあったり、好きな人と共通の知人を見つけたりするかも。

10位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

恋愛よりも仕事に目が向きがちな週です。

新しい業務に取り組むとか、やりたいと思っていた案件を担当するなど、新鮮な風が吹き込んでくるかも。

お給料アップが期待できるならとくに、今週は仕事に専念すると良さそうです。

また、今週は頭が冴えて現実的に考えるのにも良いタイミング。

具体的なアクションを起こさなくても、これからどうするのかプランを立てて、自分の魅力を再確認しておくといいでしょう。

9位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

13日以降は、恋が進展するきっかけを自分で作ることになるはず。

好きな人と今より仲良くなるには、話しかけられるのを待つより話しかけたほうが進展は早いでしょう。

交際中の人は、一歩踏み込んだ会話をすると良さそうです。

フリーの人は、普段あまり交流のない人たちと接してみてください。

気楽な恋バナや冗談を言い合うおしゃべりの輪に入ると、意外なタイプにドキドキさせられるかも。

自分の好みとは違う男性でも、気になったらLINE交換をしておくといいでしょう。

8位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

自信がついてやる気も増す週ですが、意識は恋愛より仕事に向くかもしれません。

職場では注目を集めやすく、重要案件を担当する可能性もあります。

年初に「恋を頑張る!」と気合を入れた人も、恋愛に執着しすぎず柔軟なスタンスを大切にしましょう。

仕事に専念するあなたの姿は、男性の目を引きます。

フリーの人はSNSで今自分が頑張っていることをアピールするといいですし、好きな人には世間話に交えて「こんな仕事をしているよ」と話すと良さそうです。

7位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

思っていることは頭の中に留めておかず、話してみましょう。

好きな人に合わせて無理をしているなら、そろそろ素の自分をさらけ出す時期に来ているのかも。

あなたが言いたいことをズバリ言って離れるような人は、この先一緒にいてもうまくはいかないと割り切ったほうがいいのかも。

フリーの人は、出会いの場を厳選することが大事。

マッチングアプリで知り合う男性より、趣味仲間や日頃から絡みのあるSNSのフォロワーのほうが恋人候補になりそうです。

6位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)

フリーの人はマッチングアプリや結婚相談所より、身近な人付き合いから恋が見つかりそう。

人間関係の傾向が変わりやすい時期なので、ただの顔見知りだった人が恋人候補になる可能性があります。

久しぶりに連絡を取り合う友人や、去年はあまり接点がなかった男性にも幅広く目を向けてみてください。

好きな人がいるなら、あまり深刻にならずラフなムードでアプローチをしてみて。

自粛の影響で会えないとしても、LINEや電話での積極的なコミュニケーションを大切にしましょう。

自分には退屈な話題でも彼が興味を示すかもしれません。話題は限定しないでいろいろ話してみると良さそうです。

5位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

たとえ高望みな相手に片思いするとしても、コソコソしないで堂々と振る舞ってみて。

下手に出る必要はありませんし、恋心は言動に透けて見えるくらいがちょうど良いと思いましょう。

恋人募集中の人は、美容とダイエットに専念すると良い時期です。

仕事が忙しくて恋愛にあまり集中できない人は、自分磨きの週と割り切ってしまったほうが月末になってから動きやすくなるはず。

また、自粛しながらもアプリで恋人候補を何人か見つけておくといいでしょう。

4位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

望んでいた展開ではないけれど、これはこれで良いかも……とテンションが上がることがありそう。

「失敗した!」と焦るのは一瞬で、うれしい驚きがあるはずです。

たとえば好きな人へのアプローチが的外れだったとしても、予想外の返事がかえってくるかもしれません。

あるいは、マッチングアプリで「いいね」を送った男性からリアクションがなくても、別の人とマッチングできるとか。

どんな出来事も冷静に受け止めて、うまくいく道を選ぶようにしましょう。

3位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)

13日を過ぎると好きな人との関係が次のステージに進んだり、新しい出会いが見つかったりしそう。

好きな人とはLINEで接点を持ち続けて、心が離れないように心がけてみて。

フリーの人は手段を限定しないで、マッチングアプリやネット婚活を複数試すといいかもしれません。

自粛ムードが高まっていますが、諦めず前向きな気持ちを忘れずに。

いっぽうで、あいまいな関係にはピリオドを打つタイミングです。

復縁については、愛が復活するか、もう未練を捨てるかの見極めを迫られるはず。

中途半端な状態をこれ以上引きずらないように、潔い判断をしましょう。

2位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

今週は、恋愛運がアップ中。

気持ちが空回る場面があるかもしれませんが、どっぷり恋モードに浸るとうまくいきそう。

堅くなりすぎず、自分が恋愛映画の主人公になったつもりで頑張ってみて。

13日以降は、アプローチの仕方やLINEの送り方を変えてみるといいかも。

王道のセリフで絶対にうまくいくとは限りません。

イメチェンをするのは、好きな人の気を惹く良いきっかけになるはずです。

……では最後に1位と12位を見ていきます。12位は運気アップのポイントも一緒に!

1位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

13日を過ぎると、恋に新しい風が吹き込んできます。

週末になるにつれて好きな人との関係が変わったり、アプリや結婚相談所ではマッチングが増えたりするでしょう。

今週知り合った人とはあまり堅くならず、スムーズに仲良くなれそうです。

連休はデート日和。直接会えなくてもオンラインでじっくり話をしてみてください。

心がピタリと重なり合う瞬間があるはずです。

12位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)

「こうしたい」「こうなりたい」とは思うものの、独りよがりになりやすい週です。

どんなスタンスを取るのか、恋に何を求めるのか見直すには良い時期ですが、具体的な恋の進展は難しいかも。

ただ、好きな人との会話・LINEは淡々とでも続けたほうがいいですし、自分磨きはしておいて損はありません。

美容と健康のために生活習慣を変えるなら、春までの長期計画で進めると良さそうです。

愛カツでは、人気の占い師、沙木貴咲さんによる「12星座別の週間占い」を毎週日曜日21時に更新中。

次の占いは、1月17日(日)に公開予定です。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)