彼のことが好きだと、愛情を目一杯注ぎたくなりますよね。

でもその頑張りや努力が、空回ってしまうこともよくあります。

束縛や恐怖心を感じた彼が、あなたから逃げ出してしまうかも……。

そこで今回は「男性が重いなと思ってしまった彼女の頑張り」についてご紹介します。

実は逆効果…男性が「重い」と感じる女性の頑張り4つ

1.すべてを彼好みにする

「髪型や洋服、喋り方まで俺の好きなアイドルに寄せてきたこと。あのときは嬉しさより、恐怖心のほうが勝ちましたね。

あと見ているこっちが恥ずかしかった」(29歳/印刷)

少しだけ彼の好みに寄せるのはアリ。

だけどすべて彼色に染まるのは、意思がないと見なされます。

これからどんどん依存されることも予想できますよね。

彼はあなたが好きだから、付き合ったはず……。

もっと自信を持っていいんですよ。

2.彼の健康を過度に気づかう

「元カノが健康オタクだったこともあり、俺の食生活にイチイチ口を出してきた。

コンビニ弁当が見つかれば『またこんなの食べて~!』と怒られるし、マズいスムージーを飲まされたりして気が滅入りました」(33歳/IT)

彼が疲れているときに「大丈夫?」と気遣うのはOK。

でも頻繁に、「もっと早く寝なきゃダメじゃん!」「体を労わらなきゃ!」と口出しされると、逆に疲労が溜まるでしょう。

彼女がお母さんに見え、反抗期のようなイライラも募ります。

思わず「頼むから放っておいてくれよ!」と怒鳴りたくなるので、気をつけてくださいね。

3.家の準備が完璧すぎる

3.家の準備が完璧すぎる

「彼女の家に行ったら、下着や俺専用の茶碗、歯ブラシまで用意されていた。まだ付き合ったばかりなのにと怖くなりました」(30歳/広告)

一見気が利くと思われそうですが、すべて完璧に用意されていたら少し怖いはず。

必死さや気合いの入りっぷりに、彼も引き気味になります。

「これって元カレの使い回し?」と疑われるなんてことも……。

彼にも好みがありますし、「うち1人用のお茶碗しかないから、一緒に買いに行かない?」と誘ったほうが自然かもしれません。

4.こまめな連絡を欠かさない

「LINEはもちろん、電話も毎日したがる彼女。俺の時間がどんどん奪われていくような感覚に陥りましたね。『ごめん寝てた』ってウソをついたこと、何度もあります……」(28歳/販売)

もちろん、彼女と頻繁にやり取りをしたい男性もいます。

でも返信がないのに、LINEを送り続けるのはアウト。

束縛は男性が「重い」と感じるだけじゃなく、「何で彼女と付き合っているんだろう……」と悩む原因にもなります。

彼とコミュニケーションをとろうと頑張るのもいいですが、状況をくむようにしましょうね。

頑張りすぎないことがポイント

頑張れば頑張るほど、彼との間に溝ができることだってあるでしょう。

あまり気張りすぎず、いつも通り彼と接すれば、それで充分だと思いますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)