モテを意識して頑張っているのに、全然デートに誘われない……。そんな悩みがある人は、言葉遣いが原因かも。

今回はモテる言葉遣いに注目しました。

好きな人と多く会話したい人をはじめ、印象の良い言葉遣いを知りたい人も、ぜひ参考にしてください。

目指せ「会話美人」!モテる言葉遣いになる方法4つ

はやり言葉やギャルっぽい言葉は避ける

「女友達との会話で気になるのは『マジ』とか『ウケる』という言葉。友達ならいいけど、恋愛候補には無理。ノリが軽すぎる……。逆に、会社の先輩はこういう言葉を使わないので、品の良い女性だなと思ってます」(28歳/営業)

マジとかウケるなどのフレーズは、普段よく使いがちですが、男性からモテるという観点ではNGという声も聞かれます。

「マジで」は「本当に」、「ウケる」は「おもしろい」など、普段から違う言葉に置き換える練習がおすすめです。

相手の話に同調してみる

「会社にいる同期が、僕が話しているときいつも『そうなんだね』とか『わたしもそう思う!』って言うんですけど、同調してくれるとなんだかうれしくなりませんか?最近は何かあると、この子に話に行くようになってます(笑)」(23歳/IT系営業)

男性と話をするときに、同調するフレーズから話すと、好印象を与えられるのでおすすめです。

「私も同じように思います」と同調するのが難しい場合は、相手が直前に話したことについて「~なんだね!」などと繰り返すだけでもOK!

これだけでも、ちゃんと話を聞いてくれているという印象を与えられますよ。

会話の中で丁寧な日本語を使ってみる

「先日、職場の後輩にコーヒーをおごってあげたら『お心遣いありがとうございます』と言われて、おっ!と思いました。丁寧な言葉をさらりと使える女性は魅力的ですね」(33歳/事務)

普段から言葉遣いに気をつけている人がもっと男性に好印象を与えたいなら、ここぞと言う場面で丁寧な日本語を使うことがおすすめです。

他にも、「また誘ってね」を「また誘っていただけますか?」と言い換えたら、少し上品に聞こえ、やわらかい印象になります。

疑問形であるため、会話も繋がりますね。

男性をほめる言葉を会話にはさむ

「この間、食事に誘った女性が話を聞きながら『さすが!とかすごい!』『いいと思うよ!』って相づちを打ってくれて、うれしかったです。テンションが上がって、会話もどんどん弾んで……次に会うのが待ち遠しいです」(30歳/自営業)

男性はほめられるのが大好き!

ほめられると、とたんにテンションが上がる人も多いため、ほめ言葉を上手に使うとモテ度アップにつながるでしょう。

ずっとほめるのはわざとらしいので、相手の話をしっかりと聞き、コメントを言うときに少しほめ言葉を添えるのがコツですよ。

普段から言葉遣いを丁寧にして好感度アップ

言葉遣いには人の心が表れます。

自分はモテないと感じている人は、日常的に使っている言葉を思い返してみると良いかもしれません。

自信がなくて想いを伝えられない。男性の前では緊張して上手く話せない……などと悩んでいるあなたも、聞こえの良い言葉遣いをマスターすると、好感度アップに繋がりますよ。

(愛カツ編集部)