社会人同士の恋愛だと、彼が仕事で忙しいために会えなかったり、連絡が十分にとれなかったりすることもあるでしょう。

しかし、忙しい彼でも仕事が終わったあと、彼女に会いたくなる瞬間はあるものです。

仕事終わりでも会いたいと思われる女性の特徴は、どのようなものでしょうか?

今回は、疲れている彼でも会いたくなるような「愛され彼女」の特徴を紹介します。

仕事終わりでも会いたい!と思われる彼女の特徴4選

料理を作ってくれる

「仕事が終わったあとにご飯を作るのは面倒で、いつも適当に済ませちゃいます。
だから、家にある材料で料理をパパっと作ってくれる彼女なら、めちゃくちゃ嬉しいですね。
毎日彼女の料理を楽しみにできるので」(25歳/警備員)

レシピを見ながら必要な材料を買って、時間をかけて料理をする女性は多いでしょう。

ただ、冷蔵庫にあるものからすぐに料理を作れる人は、貴重な存在です。

男性は疲れて帰ってきたら、すぐにご飯を食べてゆっくりしたいと思っています。

その願いを叶えられる彼女は大切にされるでしょう。

仕事に関するアドバイスをくれる

「仕事のことを話せる人じゃないと、仕事帰りに会いたいとは思えません。
忙しい時期は仕事の愚痴も出ますが、できる限り受け止めてほしいです。
アドバイスをくれる彼女ならいつでも会いに行きますね」(31歳/教育)

彼女としては悲しいことかもしれませんが、男性は恋人よりも仕事を優先にしがちです。

ただ、仕事の愚痴を聞いて慰めてくれたり、建設的なアドバイスをくれたりする彼女なら、仕事より優先される女性になれるかもしれません。

早く寝ても怒らない

「忙しい時期は、彼女に呼ばれて家に行ってもシャワーを浴びてすぐに寝てしまいます。
それで怒られたら、二度と行きたいとは思いませんね。次の日も仕事はあるので、理解がないと無理です」(29歳/コンサルティング)

平日の夜に会いたい場合は、彼と話せる時間が短くても我慢しましょう。

疲れている彼を無理やり起こしたり、構ってほしさから引っついたりすれば、彼は離れていくだけですよ。

ドタキャンを許せる

「仕事がある日に会いたいって言われても、予想していない残業とかが発生することもあります。
そうなるとドタキャンにつながる可能性があるから、会いたいっていわれても断りますね。

ドタキャンされたら誰だって嬉しくないだろうし。
それが嫌だから約束をしないのに、この気持ちなんでわかってくれないんだろう?」(36歳/自動車)

平日の夜はいきなり残業が入る可能性を考えて、デートの約束を入れないという男性は、誠実な人といえるでしょう。

もし仕事のせいでドタキャンされても、怒らないで「頑張ってね」と伝えることが重要です。

そうすれば、次もまた会おうと思ってもらえます。

我慢強さが求められる

彼女に求められるのは、忍耐なのかもしれません。

彼の仕事が忙しいときこそ、彼を支えてあげられる彼女になりましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)