浮気をされるのは絶対にイヤですよね。

だからといって束縛を激しくしたり、いつも常に監視しているようだと、それが結局別れの原因にもなりかねません。

……そんな本末転倒な結果だけは避けたいもの。

では、どうすれば彼の浮気を防止しつつ、彼との関係も良好にできるのでしょうか。

監視や束縛は逆効果…「彼の浮気を防止・良好な関係を保つ方法」って?

「浮気しないで」ではなく「浮気したら別れる」

「私は浮気をしたら終わりってことを最初に伝えておきます。『別れる覚悟があれば浮気すれば?』って。

『浮気しないで』って弱気にでるよりも、その方が効果的です。実際に浮気をされたら問答無用で別れるべき。だから、脅し文句になる」(Wさん・27歳女性)

「浮気をしたらダメ」というセリフや「浮気しないでね」と伝えておくのは少し危険。

「浮気をしたらどうなるのか」という部分が抜けているため、「浮気をすることのリスク」が相手に伝わっていません。

そのため、本気で浮気を防止したいなら「別れる」など、しっかりと「どうなるのか」という部分を伝ましょう。

そうすることで、彼も浮気のリスクを認識してくれるはず。

なにか新しいことを一緒にする

「付き合っていて、相手や関係性がマンネリになってきたり、新鮮味を感じられなくなったときに、浮気をされることが多くなると思うんです。

なので、『最近マンネリ気味かも』と感じたら、新しいことを2人で体験するようにしてます」(Yさん・26歳女性)

関係性を充実させておくことで、彼の「浮気心」を防止する方法もおすすめ。

たとえば、「デートがいつも同じ」と感じるなら、変わった居酒屋に行ってみてはどうでしょうか。

他にも旅行を計画したり、彼とスキューバダイビングにチャレンジしたりと、新しいことを常に取り入れていきましょう。

ときには本音をぶつけ合う

「元カレの場合、不満がたまると浮気をするっていうことが多かったんです。だから、お互いに本音をぶつけ合うような関係性は大事だと思ってます。

本音をぶつけ合って理解しあえたときはやっぱり絆が深まります」(Rさん・28歳女性)

お互いに言いたいことを我慢して、表面的な付き合いをしていたのでは、恋人である意味や「彼」、「彼女」である意味が分からなくなってしまいます。

その関係性が長く続くと、「女性なら誰でもいい」となってしまうことも。

そのため、「たまには不満も言って!」と本音でぶつかり合う時間を作ることも大切です。

喧嘩をするのではなく、お互いに欠点を認めあって改善する方向での建設的な「話し合い」を行いましょう。

嫉妬心を煽ってみる

「男って関係性に安心すると浮気する。だから、浮気しそうだなと思ったら、『最近、職場でモテてるかも』とか、『この前もデートに誘われちゃった』って感じで彼の嫉妬心を煽るようにしています」(Eさん・24歳女性)

彼が「釣った魚に餌をあげない」系の男性なら、嫉妬心を煽ってみるのも効果的。

「浮気をするならこっちも浮気をする」という態度を見せておきましょう。

しかし、あまりにもやりすぎはNG。

「彼女が遊び歩いてるなら、俺も浮気する」という男性の意見もあるため、「私のことを大切にしてくれるなら、私もあなただけを見ています」という部分も、しっかりとアピールしておきましょう。

お願いベースの「浮気しないで」はNG!

今回は男性の浮気を防止する方法をご紹介しました。

基本的に「浮気をしないで」とお願いするのは逆効果。

そのため、「浮気をしないって信じてる」と伝える方がいいでしょう。

人は信頼されるとそれに応えようとする傾向があるので、「信じてる」というセリフは効果的です。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)