好きな人とLINEをするとき、楽しいことばかりとは限りません。

返信がこなくて不安になったり、文章に迷ったり……相手を思うからこそ、頭を悩ませることも多いのではないでしょうか。

とくに、相手からLINEが返ってくるかどうかは気になるポイントだと思います。

相手からの返信を確実にするLINEの秘訣とは、一体どんなものなのでしょうか?ポイントをまとめてみました。

返信確率アップ!男性が「即レスしたくなる」LINEのポイント

答えやすい質問をする

男性の中には「読んで納得したら返信の必要はない」と判断してしまう人がとても多いです。

そのため、「返信がない=脈なし」と決めつけることはありません。でも、やっぱり好きな人とはLINEを続けたいですよね。

そのためにも、質問が大切。たとえば「今日〇〇に行ったんだ!楽しかったよ!」というLINEよりも「今日〇〇に行ったんだ!〇〇くんはどこか行った?」と質問を添えたほうが、返信する必要性を彼に感じさせることができます。

ただ「好きなタイプは?」「誰といたの?」など、答えにくい質問をするのはタブー。気軽に答えやすい質問を添えるようにしましょう。

短文LINEで読みやすく!

まず覚えておきたいポイントは、読みやすいLINEを送るということ。

女性は文章が多少長くても、まとまりのある文章であれば、読みにくさを感じることはありません。

しかし、男性は文章が長いだけで読むことに面倒さを感じてしまい、読みにくい文章だと判断してしまう傾向にあるのです。

読みにくいLINEだと思われてしまうと、当然返信するテンションも下がります。

彼が気軽に返信できるように、3行以内、長くとも5行以内のボリュームでLINEを送るようにしておきましょう。

テンポよく、焦らさない!

焦らしテクは耳にすることも多いですが……正直、焦らすのははあまりおすすめしません。

カップルがマンネリ解消のために焦らすのはアリですが、恋人未満の場合、焦らすことでマイナスになる可能性が高いように感じるからです。

返信が遅いことで、彼のテンションが下がったり、関心が他のことに向いてしまいやすいデメリットも。

また返信が遅いことで、あなたにとってLINEの優先度は低いと、彼が思ってしまうかもしれません。

恋はタイミングも大切です。駆け引きせず返信したほうが、テンポよくLINEのラリーができるもの。

しつこいLINEはNGですが、筆者個人的には、連絡がマメな女性のほうが、恋の勝者になりやすいと感じています。

ありきたりなLINEは卒業!

彼を退屈させないのも、モテLINEの特徴。会話が単調になったり、ありきたりな会話だったりすると、LINEのやりとりに飽きが生じて、返信が止まってしまうこともあります。

そうならないためには、具体的な話題や言葉を使うのがポイント。

たとえば、デートのお礼ひとつでも「今日のお店最高だったね!また行きたいな!」と具体的な感想を添えることで、ただ「ありがとう」と伝えるより印象に残ります。

また、テレビ番組、映画、音楽など具体的な話題でのやりとりも◎。会話が弾みやすく、LINEが続きやすい傾向にあります。

ちょっとの工夫で距離が縮まる!

どんなに魅力を伝えられても、LINEの盛り上がりがイマイチだと、恋はうまくいきません。

それだけ連絡の相性は、彼の気持ちを高めるうえで重要なものなのです。

でも、ちょっとした工夫をするだけで、続くLINEが作れるもの。モテLINEで彼を振り向かせていきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)