遠距離だとなかなか彼と会えませんが、近距離でも天候やスケジュールの都合で会えないこともありますよね。

そんなとき、LINEでのやり取りが便利ですが、「一体どんな内容を送れば……。」と悩むこともあるでしょう。

今回は、会えなくてもラブラブでいるLINEのポイントを紹介します。

LINEだけでも恋は続く!会えなくてもラブラブでいるポイント

おすすめ動画やサイトを送り合う

お互いのことをもっとよく知るためにも、どういうものに興味があるのかを知るのは大事です。

いまハマっている動画や、サイトを教え合うのも、相手の趣味・趣向がわかって一石二鳥です。

仕事の合間や寝る前などに相手のおすすめ動画、サイトを見て、その感想を伝えることで、またやり取りができるんです。 

LINEでラリーを続けるためにも、種まきをするのがコツです。

なぞなぞやクイズ、心理テストを送る

今日の出来事をただLINEで伝えるのも、味気ないというか……、そういうやり取りばかりではマンネリ化しますよね。

たまには変わり種として、なぞなぞやクイズ、心理テストを送り合って遊ぶのも盛り上がります。

時間のあるときにネットや本で面白そうななぞなぞやクイズ、心理テストを探してストックしておくといいですよ。

話題に困ったときに送れます。

ノートにデート予定を立てる

楽しくLINEを続けるコツは?

LINEでできることって、単にやり取りだけではありません。ノートという機能を使ってみましょう。

会えない間、彼とのノートにデートで行きたい場所、食べてみたいもの、見たい景色……などなど、ふたりでしたいことを書き込むのもあり!

会えたときに1個ずつ消化していくと、達成感も得られるのでよりデートが楽しくなるでしょう。

たまにはビデオ通話をする

文章のやり取りもいいですが、たまにはビデオ通話で顔を見て話しましょう。

顔を見ると文章だけとは違って、より相手の感情がわかるもの。

文章だけだと誤解も生まれやすいですが、顔を見て話せばちゃんと気持ちが伝わりますからね。

遠距離であまり会えないのなら、なおさら定期的にビデオ通話を活用してみてください。

LINEでも恋愛温度をキープ!

なかなか会えないとLINEでのやり取りがメインになるので、テクニックは増やしておきたいもの。

LINEで楽しくやり取りできたら、きっと恋心も冷めませんって!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)