甘え上手な女性は男性ウケがいいもの。しかし、「どうしたらいいか分からない」と戸惑いますよね。

彼をメロメロにさせるには、男性心理を心得たアプローチが重要です。

そこで本記事では、男性がメロメロになる「可愛い甘え方」を5つ紹介します。

甘えベタな女性でも比較的試しやすいものをまとめたので、ぜひ実践してみてくださいね。

意識する…!男性がメロメロになる「可愛い甘え方」

腕を組んでギュッとする

手を繋ぐだけでもラブラブ感が出て良いですね。ただ、彼の気を引きたいときには腕をギュッと組んでみましょう。

男性からするとより愛情が伝わって「甘えられている実感」が増すそうです。

とはいえ、人目があると嫌に思う男性もいますし、腕を組むには勇気が必要。そんなときは、日が暮れた後の暗い時間帯や、水族館などの薄暗い場所を選ぶのがポイントです。

タイミングさえ狙えば、腕を組むのは歩きながらできる手軽なアプローチなんです。

男性目線では“体がくっつく感覚”にドキドキするらしいので、あえて体を押し当てると効果的でしょう。

人のいないところで甘えん坊になる

甘えん坊な女性は男性ウケします。ところが、甘えてばかりでいると飽きられる心配もありますよね。

そのため、甘える場面と甘えない場面でメリハリを付けることが大切。人のいないシチュエーションになったら、甘えん坊になっちゃいましょう。

「彼の前限定」で甘えたほうが、彼も付き合っている特権を味わえて恋愛が楽しくなります。

誰だって好きな人には特別扱いされたいもの。

愛想の良さはもちろん大事ですが、男性は「自分の前でだけで一番カワイイ姿を見せてほしい」と、心のどこかで思っているでしょう。

笑顔で見つめる

男性がメロメロ!甘えるテクは?

男性をドキッとさせるのには笑顔が最強。にっこり笑う女性の姿を見て惚れた…なんてケースも多いみたいですよ。

ただ笑顔を見せるだけでなく、笑いながら相手の目を見つめることもコツ。

せっかく素敵な笑顔でも、目を合わせないと心の距離を感じてしまいます。会話していたり彼と接近したりするときに、ここぞと見つめてみましょう。

目にはその人の気持ちが表れます。「一緒にいられて幸せ」「大好き」と思いながら、笑顔で彼を見つめるときっと伝わりますよ。

抱きしめて耳元でささやく

ハグはストレートに愛情を伝えられるスキンシップ。女性から抱きしめてもらうだけでも、男性目線ではとても嬉しいことのようです。

さらに耳元で「好き」と囁くと、より深い愛情が実感できるはず。ドキドキする演出効果もあって、手軽なのに使える方法なんです。

少し大胆なアプローチなので、まずは室内などの人目を気にしなくてもいい場所で実践するのがおすすめです。

普段からハグする回数が多い場合は、後ろから抱きしめる“バックハグ”をしたり、少し強くギュッとしてから囁くなどの、変化のある方法もいいですよ。

甘えた後に照れる

甘えるのと同じくらい“照れること”も重要です。

彼とのスキンシップに慣れて堂々としすぎると、初々しさや新鮮さといった魅力が減ってしまうかも。

一途に愛情を向けること自体は素敵。ただ、いつまでも男性を飽きさせないためにも、甘えた後には多少照れたり恥ずかしがるのがおすすめです。

このギャップのある反応のおかげで、男性からすると「頑張って甘えてくれて嬉しい」「勇気を出してくれたんんだな」といったプラスな印象に繋がるでしょう。

前述した甘え方とセットで実践してみてくださいね。

できそうなことから試してみよう!

ここまで色々な甘え方をご紹介しましたが、人それぞれ得意なアプローチの方法は異なります。

まずは「自分にもできそう」と思ったことから、少しずつ試してみるだけでもOK。

甘え上手な女性は自分の性格や個性に合わせた立ち振る舞いをしています。

ちょっと頑張るだけでも男性目線では嬉しいので、無理せず自分のペースで、男性に愛情を伝えてみてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)