好きな人とのキスは幸せですよね。

「今よりもっとキスが上手くなりたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、男性がドキッとする「キスの後の言葉」をご紹介していきます。

少しの工夫を添えるだけでも、キスの効果をグンと高めることが可能です。

ぜひ手軽に試してみてくださいね。

彼の気持ちをグンと高める♡男性がドキッとする「キスの後の言葉」

「もっとしたいな」

「彼女からキスをおねだりされると本当に嬉しいです。何度でもキスしてあげたいって思っちゃいます」(20代/公務員)

恋人からキスを求められると自信が湧くもの。

普段はキスしたい衝動を抑えている男性も、女性からおねだりされるとスイッチが入るかもしれません。

おすすめは、彼とのキスがひと段落ついたタイミングで「もっとしたいな」とお願いすること。

もう一回キスをおねだりすると、男性は「俺のキスが好きなのかな?」「今日はOKな日なのかな?」と淡い期待を寄せるでしょう。

男性から察してもらうだけの場合よりも、こうした誘いがあったほうがスキンシップが増えやすいですよ。

「幸せ」

「キスするといつも喜んでくれるから、ご褒美みたいな感覚でたくさんキスしたくなります」(20代/IT)

ウットリとした様子で「幸せ」と伝えてみましょう。こうすることで男性は彼女が喜んでくれていると分かり、達成感や満足感を得られるでしょう。

キスなどのスキンシップをする際、「今いいのかな?」「どう思ってるのかな?」と考える男性もなかにはいます。

彼女が分かりやすく「幸せ」と伝えれば、男性は自分のキスが受け入れられているのが分かって、キスに前向きになってくれるはず。

彼がなかなかスキンシップを取ってくれなくても、「なんでしてくれないの?」と聞くより、してくれたときに「幸せ」「ありがとう」と褒めたほうが上手くいきますよ。

「大胆だね」

「デート中、人のいないところ隠れてキスするのが好きです。彼女と一緒にドキドキ感が楽しみたくて……」(20代/アパレル)

人目のないところで「こっそりキスしたい」と考える男性は少なくないみたい。

その際に「大胆だね」と伝えれば、スリルを共有できてさらに盛り上がるでしょう。

反対に「こんなとこじゃダメでしょ」と冷静に注意すると、萎えてしまう可能性があります。

本当に困ったときは、優しく「後でいっぱいしようね」と伝え、彼からの不意打ちキスが嬉しい場合は「大胆だね」と伝えましょう。

もちろん、激しいキスをしたときにも「大胆だね」という言葉は使えますよ。

「好き~!」

「僕の彼女は素直に愛情表現してくれるから嬉しいです。同じくらい返したいと思っています」(30代/医療)

一番分かりやすくて効果的なのは「好き」の一言です。

このとき、可愛く「好き」と伝えるのがコツ。

気持ちの高ぶりを表現する際は、分かりやすくストレートな言葉とリアクションで伝えてみましょう。

セットでハグしたり、頬にチュッと軽いキスをするのもアリ。

言葉・動作・表情が組み合わさることで、よりダイレクトに愛情が伝わり、彼をドキッとさせられるでしょう。

もちろん、常に「好き」と伝えすぎるとマンネリしやすいので、「たまにキスした後に伝えてくれる」などのメリハリを持たせると良いですよ。

ムードがあったり、二人の感情が高まったりするなど、シチュエーションに合わせて言葉を選びましょう。

キスは少しの工夫で盛り上がる!

キスが上手な女性というのは、こうした言葉の使い方やタイミングの取り方を工夫しています。

「テクニック」と聞くと難しそうに感じてしまいますが、基本的なキスの方法さえ知っていれば、あとは工夫次第でちゃんと盛り上がるのです。

そのため、ぜひ今回ご紹介した方法を始め色々なキスのテクニックを知って、一つずつ実践してみてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)