好きな人や彼氏ができると「両想いになれてるかな?」「本気度はどれくらいかな?」と気になりますよね。

男性の言動には、好意が表れやすいもの。本記事では男性が本命女子についしてしまうことを4つピックアップします。

男性の脈アリ行動を知ると、自分に好意を向けている男性に気づけるので恋愛のチャンスが増えます。

気になる男性の行動を観察してみてくださいね。

好きすぎて我慢できない!男性が本命女子についしちゃうこと

男友達との関係に嫉妬する

「好きな人が全く俺の気持ちに気付いてくれなくて……。男友達といるのを見ると嫉妬してしまいます」(20代/営業)

女性のことを好きになればなるほど、独占欲が湧いて嫉妬してしまうもの。

他の男性と仲良くしている姿を見れば、“ただの友達”と分かっていてもライバル心を燃やしそうになるようです。

いい感じの彼がいるときは、誤解されないように少しだけ言動に気をつけたほうがいいでしょう。

どんなに好きでも「異性関係が不安」となれば付き合うのをためらうはず。安心できる一途な女性のほうが、最終的には恋人に選ばれやすいのです。

合わせてくれる

「彼女の喜んでる姿を見ると本当に嬉しくて、なるべく好みに合わせています。何より好かれたいですし……。」(20代/自営業)

本気で好きになった女性の喜ぶ姿を見ると、男性は幸せな気持ちに包まれるもの。

そのため本命女子に対して、彼女の好み・関心に合わせて話題を振ったりデートプランを提案するでしょう。

また、何か決定するときには「〇〇ちゃんはどう思う?」「これってどうかな?」と女性側の意見を確認してくれる場合もあります。

中には「意見を聞く習慣はないけど好き」という男性もいるので、聞かないからといって必ずしも脈ナシではないはず。

丁寧に聞いて合わせてくれるのは本命サインですね。

好きすぎて挙動不審になる

男性が本命相手にみせる言動は?

「好きな人の前では冷静になれません。変なこと言っちゃうし、目も合わせられない、自分が自分でなくなっちゃうんです」(20代/医療)

惚れすぎるとドキドキしたり緊張して、いつも通り振る舞えなくなることってありますよね。

「デートに誘ってくれるのに無口」「二人きりになると挙動不審」といった場合、男性は好きだから上手くアプローチできていない可能性もあるのです。

恋愛慣れして自信のある人なら、グイグイと分かりやすくアプローチしてくれますが、全ての男性が積極的とは限りません。

また、女性側の気持ちを考えすぎるあまり、思い切った行動に移せない人もいます。

男性から分かりやすくデートを断られたり、逃げられたりしない限り、マイナスに考えすぎないことも大切ですよ。

記念写真を撮る

「デートした先で撮った写真を後から見返しています。やっぱり好きな人との思い出は形に残したいですから」(30代/公務員)

本命女性へは思い入れが強いからこそ、何かとツーショットの写真を撮ろうとします。

SNSに頻繁に写真を投稿する男性もいますが、男性の中には写真を撮る習慣がない人もいます。

それでも、わざわざ撮るのは「ずっと覚えていたい」と感じるくらい心が動いているため。

好きな人とデートできるだけで嬉しい……。この感動を忘れてしまわないように、大切に記念写真としておさめているのです。

本命サインの裏にある気持ちを汲み取ろう

男性の裏にある気持ちを知ると、何だかこちらまで嬉しい気持ちになりますよね。

愛情が強ければ強いほど、相手にも「同じくらい愛してほしい」と期待してしまうもの。

ぜひ彼の気持ちをくみ取って、あなたからも分かりやすくアプローチして、両想いを実感させましょうね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)