好きな人と距離を縮めるために、LINEを使って連絡をしている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は男性が思わず返したくなるLINEのしかたをご紹介します。

LINEでは気軽にメッセージを伝えやすいので、ふだんのちょっとした工夫が強みになるかもしれません。

ぜひ、好きな人を振り向かせるための参考にしてみてくださいね。

男性が思わず返したくなるLINEのしかたとは?

相手のことを気にかける

LINEは手軽にだれかに連絡ができるツールのひとつですよね。

しかし、連絡はできてもそのときに相手が何をしているのかわからないのが悩みの種でもあるのではないでしょうか?

だからこそ、LINEのやり取りでは相手へ配慮ができることは好印象を感じるポイントの1つとなるでしょう。

できれば相手がどのくらい忙しいのか、どんな気持ちでいるのかなど相手の状況を想像しながらLINEができるといいかも。

もし文面から疲れを感じた際には、相手の体調をうかがってみたり、寂しそうにしていたら話を聞いてあげたりしてみましょう。

自分の気持ちに寄り添ってくれるあなたに癒やしを感じ、返事を返したいと感じるようになるかもしれませんよ。

相手をいいところをわかってあげる

相手のいいところを理解するのは、コミュニケーションをする上で大切なことのひとつですよね。

人はだれかに褒められると「この人とは仲良くできそうだな」という親しみの気持ちになりやすいんだとか。

たとえば仕事やファッションなどを、普段のやりとりの中でさりげなく褒めてみるのもいいかもしれません。

すこし上級者っぽく取り入れてみるのであれば、直接褒めるのではなく、グループのLINEなどで「〇〇くんって、かっこいいよね」と、間接的に好意をアピールをしてみたり。

できれば褒めるときにあなたなりの言葉を添えながら彼に伝えてみると、自分のことをわかってくれていると感じてもらえる可能性も。

あなた自身に対して好印象を持ってもらうことで、会話のモチベーションをあげることができるかもしれません。

通話も取り入れてみる

ときにはメッセージのやり取りだけではなく、通話を取り入れてみるのも、相手との距離を縮めるのには効果的なんだとか。

メッセージのやりとりが盛り上がっているときには、相手の状況を伺いいつつ「ちょっと通話してもいい?」と誘ってみましょう。

通話はハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、あくまでメッセージの延長線のような気軽な通話と思うといいかもしれません。

文章ではなく実際に相手の声を聞きながらやり取りすることで、相手の気持ちも理解しやすくなるはず。

もし通話をした際には、相手を褒めることにも挑戦するのもいいかもしれません。

魅力を実際に声にして伝えることで、相手はより温かみを感じ信用できるようになるはず。

通話をすることでより親しみを感じてもらえたら、彼からの返信も頻繁にくるようになるかもしれません。

工夫しだいでお互いの距離を縮められる

好きな人とのLINEはしているだけでも嬉しいかもしれませんが、

ちょっとした工夫をするだけで彼との距離をもっと縮められる可能性も。

相手への配慮を忘れないようにして、ときには通話や褒めることを取り入れてみましょう。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)