「最初は好きではなかったけど、だんだん気になるようになった」というエピソードは、よく耳にするのではないでしょうか。

これは見方を変えると、「片思いから相手の心を射止めたエピソード」でもあります。

多くの場合、片思いから成就することはないように思えますが、時には両思いになれるケースもあるもの。

では、その分かれ道ってどんなところにあるのでしょうか?男性インタビューを交えながら分析していきたいと思います!

片思いにサヨナラ!男性に聞いた「恋愛対象として意識した瞬間」とは

いつも話しかけてくれるから

「いつも積極的に話しかけてくれる子が気になります。
『また話そうね!』とか『褒めてくれてありがと!』とか、勘違いかもしれないけど、僕と話すのが楽しいのかなって思ってます。
僕ももっと話したいなと思ってます」(21歳・男性・大学生)

積極的に話しかけてもらえると、やっぱり嬉しいものです。

片思いをしていると、ついつい「守り」に入ってしまい、消極的になりがち。

でも、片思いをしているときこそ積極的に話しかけて、たくさん会話をすることが大切です。

顔を合わせるほど親密度は増していきますし、相手の新しい一面を見ることもできますし、共通の話題もできていくでしょう。

話しかけるのが苦手なら、まずは軽い挨拶からはじめてみるのも手ですよ。

共感してもらえたから

たとえば、「あ、私も一緒!」「わかる、◯◯だよね~」という会話を通して、相手の感情により沿ってあげられるといいでしょう。

人は共感することで、「相手と私は同じ考えなんだ」と無意識に感じます。そして、「私と同じ考えの人」=「私のことをわかってくれる人」と変わっていくもの。

つまり、共感を生むことができれば、自然と親近感もアップしていくのです。やがて「好き」という感情が芽生えるかもしれません。

よく目が合うから

よく目が合うから

「やっぱり笑顔ですかね~。目が合ったときにニコッとしてくれたり、手を振ってくれたり。
そういうのは忘れないので、『今日も笑ってくれるかな?』なんて考えてしまいます」(32歳・男性・会社員)

相手が好意を感じ始めていても、目を逸らす、微妙な表情をするなどといった照れ隠しをしてしまうと、「あれは、お世辞的対応だったのかな?」と思われることも……。

目が合ったら、微笑む、手を振る、一言声をかける、ちょっとふざけるなど、相手にとって肯定的な印象を与えられるような行動をとってみて。

楽しいコミュニケーションがカギ

片思いしているときは、相手に嫌われたくないからこそ引っ込み思案になりがち……。

でも、恋愛だけじゃなく、人間関係の基本はやっぱり「楽しいコミュニケーションができる」ことで築かれていきます。

彼が興味を持ったり、共感できる話題をもって来たりして、「もっと一緒の時間を過ごしたい」と思ってもらえるよう意識してみましょう。

あ、そのとき、あんまりかたい表情ではいけませんよ。笑顔でいれば、きっと思いは届きます!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)