男性からいきなり別れを切り出されるのは、悲しいことですよね。

しかし、大抵の場合は別れる前にサインが出ているもの。

そのサインを受け取ることで、次の恋愛に進む心の準備をしたり、彼を引き止めるための作戦を練ったりすることができるはず。

今回は、男性が発している「別れたいサイン」をご紹介します。

これをされたらピンチ?男性が別れたいと思うときに出すサイン

「忙しいから」という言い訳が増えた

「元カレがそうだったんですけど、『忙しい』って言うことが増えたら、『私に対する興味がなくなっている』と思ったほうがいいですよ。

『来週の日曜日は空いてる?』ってデートの約束をしようとしても『忙しいから無理』って返してきたら、要注意ですね」(Mさん・27歳女性)

例えば、「来週映画見に行かない?」と誘ったとき、忙しい理由を言わずにただ「忙しい」という場合は、危険なサインです。

また、「再来週なら大丈夫」のように別日を言ってこないならば、深刻な状態かもしれません。

キスをする頻度が減った

「別れようと思っている彼女とは、無意識にスキンシップが減ってしまいます。

特に、あからさまに減るのはキスの頻度ですね。

『別れようかな』って思っているときに、彼女から『最近キスしてくれないね』って言われてドキッとした記憶があります」(Kさん・28歳男性)

別れようと思っていると、あからさまにキスの頻度が減ってしまうようです。

「キスしてよ」とおねだりしても「今はそういう気分じゃない」とはぐらかされたら、すでにサインを発していると言っていいでしょう。

デートの場面でお金を使わなくなった

「別れようと思っている相手には、お金を使おうと思いませんね。

なるべくお家デートで済まそうって感じになるし、彼女の誕生日を迎える前に別れようとすら考えます」(Iさん・29歳男性)

未来を考えられない相手にはお金を投資しないのが男性の本音。

デートにお金をかけるのではなく、次の恋愛にお金をかけたいと考えています。

デートにはお金をかけないのに、自分のおしゃれにお金をかけはじめたなら、ほかに好きな人がいる可能性もあるでしょう。

スマホに夢中で話を聞かない

「誰でもそうだと思いますけど、話を聞かなくなったら興味がない証拠だと思います。

特に用もないのにスマホを触っていて、声をかけても顔を上げてくれないなら、先は短いでしょうね」(Iさん・28歳女性)

一緒にいるのにスマホゲームをし始めたら、それはあなたと会話をする意志がない証拠です。

そんなときは「今度、旅行に行こうよ」という感じで、非日常的なデートのお誘いをしてみましょう。

お金の使い方がポイント

今回は、男性が別れたいと思っているときに出すサインをご紹介しました。

別れようと思っているときは、マンネリ化してしまっているか、新たに好きな人ができていることが多いようです。

そんなときは彼のお金の使い方をチェックしてみましょう。

自分磨きにお金を使っているのなら、ほかに好きな人がいる可能性が高いです。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)