だれしも、褒められるのは好きなのではないでしょうか。

しかし適当な褒め方をしてしまうと、相手から「お世辞扱い」と思われてしまうこともあります。

どうせ褒めるなら、彼の心に刺さる誉め言葉を伝えてみましょう。

今回は「男性を喜ばせる上手な褒め方」を紹介します。

できる女性はやっている!男性を喜ばせる上手な褒め方とは?

「カッコいい」と率直に伝える

「デートの前に髪を切って行ったら、彼女が『髪切ったの?カッコいいー!』って褒めてくれてアガりましたね。その日のデートは一日中いい雰囲気でした」(30歳・男性)

女性は、見た目について言及されることを嫌がる人もいますが、男性は、外見を褒められるとシンプルに嬉しいと感じます。

この例のように、出会い頭に褒められるとずっと上機嫌になることもあるようです。

珍しい場所を褒める

「買い物中、彼女に『〇〇君は首が長いから、こういう服も似合いそう』って言われたんですよ。

褒められているのか気になりましたけど、『マンガのイケメンキャラは首が長く描いてあるでしょ。かっこいい体型ってことだよ』と言われて、確かにと思いました。
そんなことはじめて言われたし、自信を持てるパーツが増えて嬉しかったですね」(25歳・男性)

褒められたことのないパーツを褒められることは印象に残ります。

この例のように、納得できる理由もあわせて伝えると、より説得力のある言葉になるのです。

「お世辞じゃない」と思わせたいなら、本人の気づいていない長所を褒めましょう。

年上からの「甘えられる」

「年上の彼女が『私たちは年が離れてるけど、デート中に気を遣った記憶がないの。いつも楽しい~!って思う。甘えさせてくれてありがとう』って言ってくれたときは最高に嬉しかった」(24歳・男性)

年上女子と付き合っている男性は、男として見られているのか不安になることもあるようです。

そんな時、ストレートに「甘えられる」「頼っちゃう」と言われると、年下男子は誇らしい気持ちになれます。

年下からの尊敬

「年下女子から『すごいですね!』って褒められるのは嬉しいけど、『なんか上からじゃね?』と思うこともあります。
『なんでそんなにできるんですか?』って言い方をする子はかわいいですね。
純粋に感心してくれている感じがいい」(33歳・男性)

本当にすごいと思って褒めているのに、「生意気だな」と思われてしまうのは損です。

だからこそ、「どうしてそんなに素敵なの?」と伝えてみると、「上から」感が消えてかわいらしい印象が与えられます。

嘘っぽく思われないように褒めよう

男性は褒められるのが嬉しいと感じるものの、言い方によっては「お世辞では?」と思うこともあるのです。

嘘っぽく思われないためにも、納得できる理由をつけてほめる、会った瞬間にストレートに褒めるなどを意識しましょう。

いかに「本心からの言葉」に見せるかが、腕の見せ所です。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)