気になる男性と、ついにデートの約束が!

そんなときは、思わず脳内であれこれシミュレーションしてしまうのではないでしょうか?

でもいざデートをするとなると、嫌われるような失敗をしないかと不安になったり、また、もっと好きになってもらうにはどうしたら良いのか考えたりしますよね。

誰しもデートを成功させて、もっと仲良くなりたいはず!

そこで今回は、デート中に「離したくない!」と思うほど、もっと女性を好きになってしまった瞬間について、男性の声を聞いてみました。

「離したくない!」デート中、女性をもっと好きになる瞬間3つ

1.帰り際、寂しそうにする

「帰り際に本当に寂しそうな顔をして見つめて来たとき、めちゃくちゃドキドキしました。袖を掴んで『帰りたくない』と言われたことも……。

こういうのはやっぱり弱いですね!離したくなくなります」(学生/22歳)

デートの別れ際は、重要な場面のひとつです。

ここで相手に印象付けることができれば、会えない間も彼はずっとあなたのことを考えてしまうでしょう。

そんなに好きという気持ちを悟られたくなくて、あえて強がって笑顔でバイバイする女性もいると思いますが、ここはやはり、思い切り寂しそうに振る舞う方が男心に火を付けるのではないでしょうか?

それに、寂しそうにすることで、「じゃあまたすぐに会おうよ!」と、男性が次のデートの提案をしやすくなりますよ。

2.急にしがみつかれたとき

「歩いていて車が来た時や、風が吹いて来た時など、急にしがみついて来た彼女に胸キュンしました。

『守ってあげなきゃ!』って。その後付き合っているんですが、そういうのが上手い子なのかな(笑)今でもそういうときは嬉しくなりますよ」(美容師/27歳)

デート中の、女性からのさりげないスキンシップには、ときめいてしまう男性が多いようです。

コメントのような場面でしがみつかれたりするのは、とくに男性の「守ってあげたい」という気持ちを誘います。

頼られているという感じが嬉しいと同時に、しがみつかれてより彼女を身近に感じられることで、ドキドキしてしまうのですね。

3.めちゃくちゃ喜んでくれたとき

「今の彼女を本気で好きになったのは、デート中にすごく喜んでくれることが多かったこともポイントです。美味しそうな食事が出てきた時や、きれいな景色を見た時とか、めちゃくちゃ嬉しそうにしてくれて。

これからもずっと喜ばせたいって思いましたね」(自営業/32歳)

気になる女性が喜んでいる姿は、男性にはキラキラして見えるようです。

とくに、自分が提案したデートプランに喜んでくれたり、プレゼントにはしゃいでくれたりすると、男性も「頑張った甲斐があった」と感じて嬉しいのでしょう。

そんな喜ぶ姿に惹きつけられて、これからもずっと喜ばせたいと思い、「離したくない」と思ってしまうのですね。

演技でもOK!

いかがでしたか?

いずれも、男心がうまく刺激されている様子が伺えますね。

このような場面が訪れた時は、ぜひこういったリアクションをしてみてはいかがでしょうか?

多少オーバーな演技になってしまっても大丈夫!

男性は、分かりやすいリアクションの方が心動かされるものです。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)