恋バナでモテ期の話題が出ると、「自分にはモテ期なんて来たことない!」と思ったことはありませんか?

実はハッキリとしたモテ期以外にも“隠れモテ期”というものが存在します。

今回は、そんな超絶わかりにくい“隠れモテ期”到来のサインを4つ紹介します。

【自分はモテない!…と思っている女性必見!】誰にでも“隠れモテ期”が来ている?

1.立て続けにイベントに誘われる

アウトドアや合コン、誰かのホームパーティーなどに、立て続けに誘われたことはありませんか?

こんなイベントへのお誘いが増える時期は、「隠れモテ期」到来のサインです。

イベントに誘われる人は、誘ってくれた人が「友達に紹介してもいい」と認定してくれた人ということになります。

特に男女が集まるイベントの場合、「こんな友達を連れてくるなんて」と思われ、自分の女(あるいは男)としての格が下がりそうな人は誘われません。

誘ってくれたのが男性でも女性でもそんなお誘いが複数あれば、すでに十分人として、あるいは女性としてモテているに等しいのです。

イベントでは新しい出会いも発生します。

いつ恋が訪れてもおかしくないので、気合いを入れて参加してみましょう。

2.恋愛相談をされる

男女問わず、最近誰かから恋愛相談をされたことはありませんか?

これも、重要な“隠れモテ期”到来のサインです。

普通、恋のアドバイスは明らかに非モテな、恋愛とは無縁な人には求めません。

恋愛相談を持ちかけられたら、“普通に恋愛できる人”と思われていることは確実です。

そして、他人の恋愛相談を受けている時、自分ならどうするかと考えるはずです。

その瞬間、相手のために親身になりながら、実は自分自身も恋愛について向き合っているのです。

人との恋バナを通じて、脳は“恋愛再開モード”になります。

そんなとき、異性に対する態度などが前向きになり、モテやすくなるのは確実です。

3.大げさに褒められる

初めて知り合った男性などから、社交辞令だとわかっているけど、大げさに褒められた……。

そんな経験、ありませんか?

これも、実は“隠れモテ期”の始まりなのです。

いくらその男性が“口から出まかせ男”だったとしても、結婚詐欺師などは別として、100%当てはまっていない褒め言葉は、なかなか口にしないものです。

どんな褒め言葉にせよ、あなたには人として、あるいは女性として魅力的に思わせる要素があったのです。

ここで、ちょっと褒められたからと調子に乗ると、モテ期は去ってしまうのでご注意を。

何かを褒められたら、次は「もっとこの子と話してみたい!」と思わせる会話で男性をさらに惹きつけましょう。

4.“好みのタイプ”を暴露される

最近、男性の前で自分の“好みのタイプ”を暴露したような機会はありませんでしたか?

そんなときも、“隠れモテ期”到来のサインなのです。

たとえば、冗談で好きではない男性との仲をひやかされたような時に「あんな人タイプじゃないよ!」と言って、自分の好みについて力説するなどです。

男性は本能的に「どんな男が女性にモテるんだろう」「目の前の女性に選ばれる男はどんな男なんだろう」ということに強い関心を持ちます。

この時、その女性の語る好みのタイプに自分が当てはまっているか、という視点を必ず持ちます。

その瞬間に少なくともその男性からは、異性として見られていることは確実です。

男性との恋バナの機会=異性として見られる機会です。合コンなど、自分からそんなチャンスに飛び込んでみるのをオススメします。

“モテ”の兆しをキャッチして

モテ期というと「高嶺の花」のように扱われたり、複数の男性からグイグイアプローチされるイメージを抱く人が多いかもしれません。

しかし、恋愛というのは一種の心理戦であり、“暗黙の了解の世界”では、すでに戦いの幕が上がっているのです。

そんな暗黙の世界では、日常の中での“女性扱い”こそ“モテ”の兆しです。

そんなとき、確実に誰かがあなたを“いい女”だと思っている、恋愛対象として見ている、という現象が起きているはずなのでもっと注目してみましょう。

そんな“隠れモテ期”に自信を持って自分から男性を誘ってみると、恋がうまくいくはずです。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)