片思いも悪くないけど、できれば早めに卒業して、カップルになりたい……。

好きな彼が、私と恋に落ちてくれたら……。

恋をすると、こう考えるのは自然なこと。

男性のなかには「いつの間にか、じわじわと好きになる」タイプの人もいますが、その多くは「自分が恋に落ちたキッカケや瞬間を自覚している」ものです。

つまり、彼らが「恋に落ちるツボ」がわかっていれば、片思いから卒業できる日も近いということ。

それはいったいどんなところなのか、一緒に見ていきましょう。

脱・片思いのキッカケに!男性が「恋に落ちる瞬間」を作る方法

好意を出されたとき

「よく目が合う異性が気になる存在になったりしませんか?

女友達に告白されて、考えられなくて断ったのに、だんだんその子が気になってしまって、自分から告白しなおしたこともあります」(27歳・男性)

女性の好意を察知して、「自分も好きかも」と意識する男性もいます。

告白されたのをきっかけに、急にその女性を好きになってしまうこともあるのだそう。

「告白は、それまでにいかに両想いに近づけておくか」が大事と言われますが、人に好かれれば嬉しいもの。

ある程度、その男性のストライクゾーンに入っている必要はありますが、「好き」と伝えたことが両想いのきっかけになることは十分ありえますよ。

かわいい笑顔を見たとき

「やっぱり笑顔でしょ!楽しそうな笑顔を見せてくれると『かわいい!』と思います。

自撮りのときみたいなキメ顔より、目がなくなっちゃうくらい笑っている顔のほうが僕は好きですね」(24歳・男性)

無邪気で天真爛漫な笑顔には、女性が思う以上の効果があります。

自分と一緒にいるときに笑顔が多いと、男性は「受け入れられている」と感じ、距離が縮むことも多いです。

さらに気持ちが高まると、「この笑顔を守りたい」と思う男性も……。

「いつもニコニコ」も好印象ではありますが、本当に楽しいとき、本当にうれしいとき、ここぞというときに笑顔を見せてあげると、その笑顔がよりまぶしく見えるでしょう。

さりげないボディタッチ

「あざといボディタッチはイヤだけど、歩いていて手が触れるとか、飲み会でトイレから戻ったときに肩に触れられたりするとドキドキしてしまいます。

無意識に触ったのかな?好かれてるのかな?嫌われてはいないはず……と、急に意識しちゃいますね」(25歳・男性)

触れられて初めて「異性」を意識して、それが恋心に発展することもあるようです。

「自分が女性に受け入れられているかどうか」を気にする男性も多いため、「触れる=近くにいる=自分はナシではないのかも」と安心感を与える効果もあります。

しかし、「触れればなんでもいい」という男性は少なく、わざとらしく手や頬、足などに触れるのは「軽いし、引く」なんて声も。

「今のって……?」と思うくらいのさりげないボディタッチが男性をドキドキさせ、恋愛感情を刺激するようですよ。

恋の相手になるには…

男性を恋に落とすには、異性として意識してもらう瞬間を作るのが効くようです。

人間的な良さをアピールするなら、ドキッとさせて気を引いたあとのほうが効果的。

好きな男性が恋に落ちてくれるよう、リードしてみてはいかがでしょうか。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)