オシャレして彼に会いに行ったのに、ほめてくれない、反応が薄い……。そんな経験はありませんか?

もしかしたら、男性の目には「手抜き」に映ってしまったのかもしれません。

今回は、男性には理解されない残念スタイルについて紹介します。

オシャレだと思ったのに…「手抜き」に見える残念スタイルとは?

ボサボサ感のあるヘアスタイル

「くせ毛風やゆる巻きヘアはかわいいけど、ボサボサ感が強いとオシャレなのか手抜きなのかわからない……。まとめ髪も、おくれ毛が多すぎるのはあまりかわいいと思いません」(28歳・男性)

女性のヘアスタイルで、男性が気にするのは「ツヤ」「まとまり」感。この二つがあれば顔までかわいく見えるそう。

そのため、崩しすぎたりツヤのない仕上がりになっていたりすると、男性の目には「ボサボサ」に見えてしまうこともあるようです。

「ピンとまっすぐ」「パラパラしている」おくれ毛も「疲れて見える」と不評でした。

デートのときは、アイロンで髪の表面にツヤを出したり、おくれ毛も巻いてワックスやオイルをなじませるなど、ツヤ感を意識したいものです。

薄すぎるアイメイク

「彼女があまりアイメイクをしないのが気になってます。一応、薄いアイシャドウはつけてるみたいだけど、目のまわりがぼんやりしてる。付き合いたてのときはちゃんとしてたのに。もうちょっとかわいくしてほしい」(29歳・男性)

男性は濃いメイクを好まないイメージがあるかと思いますが、「目元はパッチリさせてほしい」という声も多いようです。

リップにポイントがあればシンプルな目元もかわいいけれど、今はマスク着用が基本。

アイカラーをさっと塗るだけのような薄すぎるメイクでは、目が小さく見えたり、くすみのように見えてしまうことも……。

まつげをビューラーで上げて目に光が入るようにしたり、さりげないアイラインを入れるなど、「パッチリ見せる工夫」があるほうが、表情も明るく見えるでしょう。

デートなのにパンツスタイル

男性がガッカリするスタイルは?

「楽だし、寒くないのはわかるんだけど……デートにパンツでこられると、ちょっとがっかりしますね。『本命と思われてないのかも」という気にも。スカートがいいなあ」(32歳・男性)

なに履いたっていいじゃん!……という気持ちもわかりますが、男性の中には、デートにパンツスタイルというだけでテンションが下がってしまう人もいます。

詳しく聞いてみると、パンツスタイル自体がダメというよりも、「色気がない」「おしゃれしてくれない」など、自分に対するやる気のなさを勝手に感じ取ってしまうようです。

テーマパークデートや、アウトドアなどは別として、普段のデートはスカートを選ぶのが無難なようです。

オフィスや飲み会など、デート以外のシーンなら「スタイルいい子のパンツスタイルが好き」という声もあったので、普段はパンツ、デートでスカートのように「ギャップ魅せ」をするといいのかもしれません。

男性は保守的?

男性は、女性のヘアメイクやファッションに関しては「おしゃれかどうか」より、「かわいく見えるか」と重視しているよう。

保守的な面もあるのかもしれませんね。

デートのときは、「男性目線でかわいく見える」を優先するのがよさそうです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)