恋人を作るのって、それなりの時間や労力がかかるものですよね。

それだけ頑張ったら、できるだけ長く付き合いたいと思うのはみんな同じ。

できれば付き合う前に、長続きする相手を見分けてアプローチしたいものです。

そこで今回は、交際したら長続きできる男性について紹介します。

落とすのは大変だけど…長く付き合える男性をチェック

気分が落ちているときに察してくれる

「誰だって悲しいことや辛いことがありますよね。そんなときに、顔には出してないのに“なんかあった?”って気づいてくれる存在は絶対に大事にしたほうがいい。私はそういう人と結婚しました」(36歳/化粧品)

そばにいるだけでいつもと何となく雰囲気が違うとわかる人っていますよね。それは相手と自分の波長があうからなのかも。

何も言わなくても自分の気持ちをわかってくれる人であれば、お付き合いしてからもきっと、あなたは素直に感情を出せるでしょう。

喧嘩できる

「喧嘩をしてみて、初めて相手と自分の本当の相性はわかる気がします。軽い口論とかしたときに、きちんとお互いが納得できるまで話せるかは見極めポイントでしょう」(38歳/専業主婦)

まだ付き合ってもいないのに喧嘩ってなると、相性が悪そうに感じてしまいますが、そんなことはありません。

どうでもいい人とは、喧嘩する気にもならないため。

また、ちょっと言い合いになりそうになったとき、「もういいよ」とか言いながら逃げてしまう相手とも、あまり恋愛は長続きしないでしょう。

会話のテンポが合うか

長く付き合える男性とは?

「会話のテンポって人それぞれ違いますけど、テンポが合わない人とは恋は続けられないと思います。ただ喋っているだけでストレスになってしまうので」(36歳/IT)

会話の内容って分からなくても、意識すればお互いに合わせられますよね。

ですが、テンポに関しては癖のようになっているため、直すことが難しいはずです。

話していて楽しいなと思う相手とは、会話のテンポが合っているのでしょう。

おわりに

好きな人ができると「早く付き合いたい!」と思ってしまうのが女心。ですが、付き合ってから相性の悪さを感じてしまうと別れる辛さも大きくなります。

そんな悲しい経験をしないためにも、付き合う前にはじっくりと相手との相性を確認してみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)