いい雰囲気なのに……どうして告白してくれないの?

今告白しないで、いつするの?早く「好き」って言ってほしい!……こんな思いを抱えて、デートから帰宅したこと、あなたにもあるかもしれませんね。

相手からの告白がない以上、自分から告白するべきなのはわかっている。でも恥ずかしいし、やっぱり気が引ける……。

今回はそんな、告白の言葉が欲しいあなたに向けて、告白を後押しする行動をご提案。

いい雰囲気の彼がいるなら、あなたも試してみて。

なかなか告白しない男性の心理とは?告白を後押しするには…

「ふたりきり」の時間を増やす

男性が告白をためらってしまう理由として、「ふたりきりになると警戒されてしまう」という不安を抱えていることがあげられます。

告白するためには、大抵、周りに誰もいない、ふたりきりになる必要があります。

告白の場面でなくとも、「もっと親密になるためには、ふたりきりで話す必要がある」と感じているかもしれませんね。

でも、彼からすると「ふたりきりの状況になることすら、警戒されてしまうのでは?」「心を許してくれるほど信頼されてないのでは?」と考え、なかなか告白できるシチュエーションにもっていけないのかもしれません。

そこで、積極的にふたりきりの状況に持っていき、リラックスして会話する機会をたくさん作りましょう。

もしかしたら過去に、警戒されたり、拒否されたりした経験があるのかもしれません。

「ふたりきりでも私は大丈夫だよ」と思っていることが伝われば、彼も告白に踏み切ってくれるはずですよ。

告白が成功する自信がない

もしかしたら、「自分では彼女に釣り合わない」と感じているのかもしれません。

こう感じてしまう原因は、男性側にさまざまなコンプレックスがあるから。

男性が自己評価を低くしてしまう原因は、身長が低い、イケメンではない、楽しく会話する自信が無いなど…人によってさまざま。

こんな男性には、自信をつけさせてあげるのが一番!

一緒にいるときに、笑顔を心掛けて、「あなたと一緒にいると楽しい」ということを伝えてあげましょう。

あなた自身が、彼に魅力を感じている部分もしっかり伝えるとともに、特別な存在として意識していることも感じてもらいたいもの。

「やっぱり君じゃないとダメ」というニュアンスで伝えることをこころがけてみて。

恋愛への興味を見せよう

男性が告白をためらってしまう理由のみっつめに、「恋愛には興味がなさそう……」と考えている場合挙げられます。

相手の男性が、あなたに対して「大人しくてクール」「落ち着いてサバサバしている」という印象を持っている場合、

告白したところで「恋愛に興味がない」といわれてしまうと大ショックですし、寂しい気持ちになるので、それなら友だちのままで……と考えているのかもしれません。

そんなときは、あなたの方から積極的に恋バナを仕掛けてみて!

理想のタイプの異性についてや、デートで行ってみたいところ、学生時代の初恋の話などで、恋に興味のあることを示せば、思い切って自分の気持ちを打ち明けてくれるかもしれません。

告白が成功する兆しを見せて

どんな男性であっても、傷つくリスクは避けたいと考えがちです。

恋も成果があってこそ、と考えているので、自分の恋心に素直になれない一面も……。

まずはふたりの間の空気を暖かくしていきましょう。

そして、告白の返事がOKであること予想させる行動を増やしていけるといいですね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)