「好き」まではいかなくても、「好意」をもってもらうのは恋の第一歩。

好きな人に、自分のことが気になってほしいと思うのは恋心として問題なし!

今回は、男性が「気になって仕方ない女性」の共通点をご紹介します。意中の男性を夢中にさせて、アピールしましょう!

男性が「気になって仕方ない女性」の共通点

先に帰宅する

「合コンのとき、ひとりの女の子が遅れて到着したんです。しばらく楽しく話していましたが、さっき来たばかりの子が、『もう帰るね』と……。

気なって追い駆け、LINEを交換しました」(28歳/公務員)

女性に早く帰られたら、男性はこっちに興味がなかったんだろうと感じるでしょう。

そこで諦める男性もいますが、ふたりきりになれる機会が作れるとプラスに捉える男性も多いそうですよ。

面白い話に反応しない

「飲み会で、盛り上げようとして面白い話をしました。みんな笑ってくれてたんだけど、ひとりの女の子だけ、まったくの無反応で……。

その子を見てたら、なんとか振り向かせたいなあって思っちゃう」(26歳/アパレル)

みんなで集まった場が盛り上っているのに、あまりに無関心だと、わざとらしく思われるので気をつけましょう。

ただ、うまくいけば、男性は気になって興味を引こうと頑張って話しかけてきますよ。

カラダを動かさず視線だけ向ける

「マッチングアプリで会った女性が、かなりプライドの高い感じの人でした。会話中はカラダを動かさずに、視線だけをこちらに向けるんです。

最初はてっきり、首でも痛いのかと思いました。でも、視線はこちらにむけているので、僕にものすごく興味があるのか気になっちゃいました」(32歳/車関係)

カラダを動かさず視線だけ向けることに対して、最初は抵抗感を感じさせるかもしれません。

ただ男性は視線をずっとむけられていることから、「緊張しているけど、自分に興味を示してくれる」と夢中になってくれるでしょう。

自分からは名乗らない

「こちらから自己紹介しないと、名前すら教えてくれない女性っていますよね。

相手が会話の引き出しを用意しているから話さないのかなあ、って思い、こちらも興味津々で会話を広げます」(25歳/不動産)

挨拶を交わしたけど、名前を名乗らないのには違和感がありますよね。

逆に、その違和感が男性の興味をそそるきっかけになるのでしょう。

おわりに

初めて出会った男性から興味や好意をもってもらうのって難しいですよね。

こういった素振りを見せて、男性が興味を示すタイプかどうか試して、恋の第一歩を踏み出しましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)