LINEは気軽に送れるメリットがある一方で、間違った使い方をすると相手との関係に溝が生まれてしまうおそれもあります。

せっか連絡先の交換ができたのに。LINEがきっかけで関係が悪くなってしまったら残念ですよね。

今回は、気になる男性にLINEを送るときに気をつけたいポイントをご紹介します。

 男性とLINEをするときに気をつけたいポイントとは

返信の早さを合わせる

「こっちは返信遅めなのに、常に即レスだと身構えちゃう。怖くなってLINEを送らなくなっちゃいますね」(31歳・男性/建設業)

好きな人からのLINEには、つい前のめりになって返信したくなってしまうものです。

でも、あまりに返信が早いと必死感が出てしまい、相手もすこし引いてしまう可能性があります。

相手もすぐに返信してくれるタイプなら問題ないのですが、そうではないなら即レスは控えたほうが無難です。

相手の話は肯定する

「俺が『ハンバーガーが好き』と言っても、『体に悪そうだよね』とか、イチイチ否定してくる子がいました。既読スルーをしたらまた連絡が来たけれど、返信する気にはなれなかったな…」(29歳・男性/営業)

相手の話に否定ばかりしていると、せっかくやりとりをしていてもつまらないと感じられてしまうかもしれません。

とくに、LINEは文字でやりとりをするツールなので、否定をすると口頭よりもキツく感じてしまいがちです。

よい関係性を築いていくためにも、よほどのことがなければ話には肯定するほうがお互いに気持ちよくやりとりができますよ。

普段とのキャラ変をしない

「LINEでは明るくてグイグイ来る感じの子だったのに、いざ会ってみるとほとんど喋らなくてビックリ。俺はいままで本当にこの子とやり取りをしていたんだろうか、と不安になった」(26歳・男性/広告代理店)

LINEでの会話と直接会ったときのキャラが違いすぎると、男性もおどろいてしまいます。

「LINEではいい雰囲気だったのに、あれは嘘なのか」と、あなたとの距離感がつかめなくなってしまいます。

もし対面でうまく話せなかったのであれば、緊張してうまく話せなかった、とフォローの連絡をいれておくとよいでしょう。

LINEだからこそ慎重に

LINEは気軽に送れるものの、顔を見て話すときより相手との距離感をつかむのがむずかしい一面もあります。

相手との関係を深めるのに活用できるよう、温度差や距離感が生まれないように上手に活用していきたいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)