気になる男性とデートをするとき、すこしでも相手に好印象を与えたいですよね。

そんなとき、ほかの女性とは違う印象を残したほうが、相手にも興味を持ってもらいやすいものです。

今回は、男性がデート中にされてドキッとしたエピソードをご紹介します。

男性がデート中に思わずキュンとした女性の行動

買い物中にサプライズプレゼントをくれた

「気になる女性との3回目のデートでフラっと買い物に行ったんだけど、『いつもおごっていただいているので……』とその場でハンドクリームをプレゼントしてくれました。

彼女の買い物だと思っていたので驚いたし、俺が手を使う仕事をしているので、気を使ってくれたのだと思うと嬉しかった」(28歳男性/美容師)

一緒に買い物をしているときに、その場でさりげなくプレゼントを買って渡すと意外性があってうれしいものです。

それがウインドウショッピングをしていて相手が欲しがっていたものであれば、さらによろこんでもらえるでしょう。

これから仲よくなる相手でも、あまり値段が高くなければ相手も気をつかわなくて済みます。

顔についたクリームをとってあげる

「俺の口元にクリームがついていたらしく、真顔で見つめられたあと『ついてるよ』と手が伸びて来たときはドキドキした」(29歳男性/営業)

彼の顔に何かついていると、指摘しようか迷いますよね。

すこし勇気がいりますが、気づいたタイミングでサッと取ってあげると、後からモヤモヤせずに済むでしょう。

いきなり女性から触られるとドキッとする男性は多いので、距離を縮めるきっかけになるかもしれません。

行列に並んでいるときにLINEを送る

「女性と動物園へ行ったら、フードコートが行列。仕方ないので彼女に席を取っておいてもらい、俺は列に並んでいたんです。

そしたら相手から『暑い中ありがとう!』のLINEとともに、かわいいスタンプが送られてきた。かわいすぎて癒されましたね」(31歳男性/販売)

状況によっては、ひとりだけが行列に並ぶときもありますよね。

行列に並んでいるときは退屈なので、そのタイミングでLINEを送ると相手もいい時間つぶしになります。

やりとりをしているうちにあっという間に自分の番が来て、行列も苦にならないかもしれません。

デート中に相手をドキドキさせよう

せっかくデートができたなら、相手によい印象をもってもらいたいものです。

今回ご紹介したエピソードの中で実行できそうなものがあれば、ぜひ挑戦してみてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)