自分から告白をするのもいいけれど、「やっぱり告白されたい!」という方もいるのでは?

男性はどんな女性に告白をしたくなるのでしょうか、今回は、男性が告白を決意したきっかけについて調査してきました。

男性心をくすぐるコツさえ掴めば、告白される確率もアップするはずですよ。

男性からの告白を後押し!モテ女子の愛され言動3つ

会ったり話したりが嬉しそう

「とにかく目が合ったときは、パッと目を見開いて、笑顔で『あ、〇〇くーん!』と声をかけてくれます。楽しく会話した後も、『また話そうね!』と言って、2、3回振り返って手を振ってくれるんです。

嬉しい反面、自分にだけそういう反応なのか確かめたくなったので、思い切って告白をしました」(23歳・男性・大学院生)

相手がどんな反応を自分に見せてくれるかで、男性は相手の好意を推し測ろうとする傾向があります。

そのうち、独占欲が強くなり、相手の気持ちを確かめたくなるというわけですね!

元気よく、楽しそう、嬉しそうにおしゃべりすることから始めてみませんか?

自分だけにしてくれることがある

「以前、気になる彼女と好きな食べ物の話をしたことがありました。半年後にまた飲み会があったのですが、メニューを見ながら『○○くんの好きな○○があるよ!』と言ってくれたんです。

正直、僕の好みを覚えてくれていたことがめちゃくちゃ嬉しくて、思わずその場で告白しました」(25歳・男性・会社員)

自分だけがなにかしてもらえると、男性は相手の存在を貴重に感じるようです。

きっと、この感情は女性の方でも共感できるはず!

ターゲットを決めたなら、相手との会話をしっかり頭に焼き付けておき、いざとなったら、「あなたのことはよくわかってるよ!」とアピールしてみましょう!

期待やして欲しいことを伝える

告白したくなる女性とは?

「職場の先輩だけど、いつも僕に期待してくれるので、だんだん興味持つようになりました。『○○くんが○○してくれたら嬉しいな』や、『○○くんなら絶対できるから頑張ってほしい!』なんて言われると、なにがなんでも期待に応えたくなります。

こんなに自分を成長させてくれる人は他にはいません。ずっとそばにいて欲しいと思い告白しました!」(24歳・男性・デザイナー)

相手にして欲しいこと、期待していることなどを上手に伝えられれば、好感度はアップするはずです。

とくに、男性が期待していることを、ふたりきりのときに伝えれば、ドキッさせることができるので、恋の雰囲気は盛り上がるでしょう。

親しみのなかに異性としての魅力を

いきなり恋愛モードにしようとするのではなく、まずは、お互いの信頼関係を築くことがポイント。

ある程度プライベートな話もできるようになってきたら、少しずつ恋愛モードにシフトさせる言動を増やしてみてください。

相手の心にヒットする言動を積み重ねれば、告白への後押しになるはずです!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)