女性をカッコよくリードしたいと思う男性も多く、上手なリードなら女性も嬉しく感じますよね。

でも、どうしたら「リードしたくなる女性」になれるのでしょうか?

今回は、思わず「俺にまかせろ!」と言いたくなったという男性たちにエピソードを聞いてみました。

男性心理を分析して、「リードしたくなる女」を目指してみませんか?

俺に任せろ!男性がリードしたくなる女性の特徴

表情豊かに反応してくれる子

「彼女がクレープ好きだと知ったので、ネットで調べてからデートに誘うことに。彼女はその店が気に入ったみたいで、子どものように嬉しそうに食べてくれました。

反応がいい子、いろんな表情を見せてくれる子だと、ついリードしたくなります。○○をしたらどんなふうに喜んでくれるだろう、と想像するのも楽しいですね」(22歳・男性・大学生)

嬉しいときや、感謝を伝えるとき、思いっきり笑顔を見せて喜んでいますか?

好きな人のまえだと、緊張してなかなか素直に感情表現ができないかもしれませんが、ちょっとくらいオーバー気味に反応すると、男性の「リードしたい」という気持ちを刺激できるようです。

「すごーい!」「えー!ほんとに?」「やったー!」など、生き生きとした反応を出すよう意識してみるといいかもしれませんね!

上手に役割分担してくれる子

「同僚は仕事を振り分けるのが上手い。一方的に仕事を頼むのではなく、『ココまでは私がやるからココからはお願いしていい?』と自分もきちんとやろうとするんです。

こちらも無理なく頑張れますし、余力があれば『コレも大丈夫、まかせて!』と言えます。上手に役割を分担できる子は、こちらからもリードしやすいですね」(25歳・男性・会社員)

“リード”と聞くと、相手にお任せのようなイメージがありますが、実際は「役割分担」なのかもしれません。

デートでも、場所選びからお店まで相手に丸投げするのではなく、大まかなリクエストをすることで、彼がリードしやすくなるでしょう。

得意分野は積極的に頼ってくれる

男性からリードされるためには?

「女子からよく頼られるのですが、ひとりは『私できない!○○くんやって~!』と甘えてくる子、もうひとりは『○○得意なんだ!じゃあ○○のときは頼っていい?』と言ってくる子でした。

頼られるのは嬉しいけど、なんでもできるわけではありません。リードしたくなるのは、相手の得意分野を見極めつつ頼ってくれる子ですね」(28歳・男性・飲食店勤務)

アレコレ頼る・甘える女性が、必ずしもリードしたくなる女性とは限りません。

相手の得意分野を見極めたうえで頼りにすれば、男性は自分の能力を評価されていると感じ、リードする意欲が湧いてくるでしょう!

自尊心を上手に刺激してみよう

男性は自分のしてあげたこと、自分の仕事、自分の得意なことなどを評価してもらえると、「もっとしてあげたい!」「もっと頑張ろう!」と思えるもの。

そんな男性の自尊を上手に刺激できる女性が、「リードしたくなる女」なのかもしれませんね!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)