「この子とは合わないな」と感じる女性と、恋愛関係に進展する可能性は極めて低いです。

合わないと思われてしまった時点で、あまりいい印象は抱いてもらえなくなるでしょう。

そこで今回は、男性に「合わないな」と思われてしまう原因を紹介します。

気をつけて!男性に「合わないな」と思われてしまう原因

「会話」が噛み合わない

「会話がしにくい感じがする女性とは、どうしたって仲良くなれる気がしません。いつも気まずい空気になるので、2人きりになるのが怖いです」(32歳/男性/自営業)

関係性を深めていくうえで、コミュニケーションは絶対に欠かせないもの。

そのため、会話がうまく噛み合わない女性とは、一向に距離感を縮めることができません。

会話が弾まない、ちゃんと聞いてくれない、自分の話ばかりする、反応が薄い、話が通じないといったポイントは、合わないと思われやすい要素。

とくに気をつけたほうがいいでしょう。

「一方的」である

「勝手に色々と進められてしまうと、だんだん鬱陶しく感じるようになってしまう。それは合わないなと思う決め手になるかもしれませんね」(29歳/男性/システムエンジニア)

一方的に自分の欲求や思いをぶつけてばかりいると、相手の男性には重荷に思われてしまうでしょう。

そういった女性は自己中心的にも見えるので、好き勝手に振り回される印象を持つはず。

好意を示すにしても、まずは相手の気持ちを考えて行動を取らないと、なかなか思いは伝わりませんよ。

「本心」が見えない

男性との会話で気を付ける点は?

「本音の部分がわからない女性に対しては、こっちも警戒心が芽生えてしまいます。だから、距離感もいつまでも縮まらないままですね」(28歳/男性/金融関係)

本心が見えない女性に対しては、「何を考えているのかわからない」と男性は感じます。

それではどういう人なのかもつかめないままなので、漠然と「合わないだろうな」という意識が働くもの。

好きな男性の前では緊張してうまく話せない場合もあるかもしれませんが、少しずつでも素直な自分を見せていかないと、いつまでも打ち解けられないままになってしまいますよ。

「タイミング」が合わない

「デートしたいという思いがあっても、それがなかなか実現しないと、気持ちも冷めていくかも。タイミングが合わずに、付き合うところまでいけなかったことはありますね」(30歳/男性/IT)

なんとなくお互いに好意を持っていたとしても、タイミングが合わないとうまくはいかないかも。

たとえば、男性がすごく仕事が忙しいときに誘ってもOKはもらいにくいでしょうし、邪魔になってしまう可能性だって出てきます。

恋愛においてタイミングは非常に重要なので、ふたりの気持ちが一緒に高まっていくように、相手の状況や感情をきちんとチェックするようにしてくださいね。

おわりに

相手に合わせてばかりいるのはよくないですが、合う部分が少しでもないと好意は持ってもらえません。

そのバランスを上手に保つことができると、男性もあなたのことが気になり始めるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)