「ほんと男ってLINEめんどくさがるよね。既読スルーばっかで失礼きわまりない!」なんて憤慨しているそこのあなた。

それはもしかしたら、あなたが送っている「LINEの内容」に問題があるのかもしれません。

そこで今回は、男性が「思わず返信したくなる」ような、男性ウケばっちりのLINEの特徴を3つご紹介します。

彼からの返信率100%のLINEを送れるようになっちゃいましょう!

つい返信したくなる!「男性ウケ最高」なLINEの特徴3つ

1.趣味や得意分野についての「質問」LINE

「『おすすめの映画教えて!』『あの映画、前評判がいいけど、どう?』とか言って、俺の趣味の映画に関する質問LINEをくれる女友達がいる。『そこらへんの評論家より君の意見の方が信頼できるんだよ』なんて言われたら、張り切って即返信しちゃうよ」(28歳/SE)

男性は基本的に「教えたがり」な生き物。

とくに、自分の好きなことや得意分野に関しては、話しだしたら止まらなくなることも。

そんな男性の性質を利用して、相手の好きなことや得意なことに関する「質問LINE」を送ってみてください。

きっと彼は、喜んで即レスしてくれるはず!

2.ちょっぴり「意味深」LINE

「『ねえねえ、好きな人っている?』とか『なんだか寂しいんだよね』なんて夜にLINEが来たら、ドキッとしちゃって、『もしかして俺のこと好きかも……』と感じて、積極的にLINEしちゃいます(笑)」(27歳/会社員)

男性って現金なもので「あれ、これってもしかして俺に気がある?」とか、「あれ、もしかしたら、この子といい関係になれるかも……?」なんて思ったら、必死でLINEを返すものなんです。

その心理を逆手にとって、夜に突然「ねぇ、なんだか寂しくて眠れないの……」とか「なんだか急に君のことを思い出しちゃったの」なんて、ちょっぴり意味深なLINEを送ってみては。

きっと相手はドキドキでいっぱいになって、光の速さで返信してくるはず。

3.要点を抑えた「短め」LINE

「女性のLINEってさ、なんであんなに長いの?読むだけで疲れちゃうし、どこから返事していいのかわからないから、結局返事するのが面倒くさくなっちゃうんだよね」(26歳/バーテンダー)

「短い文で『こんにちは!今大丈夫?』『今何してる?』なんて要点だけを送ってくれると、こっちも気軽に返事しやすいですね」(30歳/旅行会社勤務)

ついついあれも話したい、これも話したい……と、ひとつのLINEに色々話題を詰め込んでしまいがちですが、そのLINE、男性にとっては不評なのです。

長い文にたくさんの要素を詰め込むよりも、短く簡潔な文章を送る方が男性には好感度大。

できるだけ要点をおさえた内容のLINEを心がけてみましょう。

上手なLINEのやりとりで距離を縮めよう!

LINEを送るときは、相手の気持ちになって考えることがポイント。

「自分が送りたいLINE」ではなく「相手がもらって嬉しいLINE」を意識してみて。

そうすればきっと、男性が返信したくなるLINEが送れるようになるはずです。

(愛カツ編集部)