好きな男性が、自分のことを好意的に見てくれているのかは、ものすごく気になるはず。

好意を持ってくれている場合には、意外とわかりやすくそれが言動にも表れるものです。

そこで今回は、男性が「気になっている女性」に見せる言動を紹介します。

好きってことかも…男性が「気になっている女性」に見せる言動

「LINE」ではたくさん話す

「気になっている女性の前だと、ちょっと緊張しちゃってうまく話せなくなります。なので、LINEでの会話を増やすようにはしていますね」(27歳/男性/商社)

面と向かっては話せなくても、LINEであればたくさん話せるというのは、男性が好きな女性に見せる典型的な行動のひとつ。

顔を合わせなくていい分、緊張感や恥ずかしさが半減するので、思う存分、聞きたいことも聞けるのでしょう。

LINEでの会話で、色々と質問してきたり、恋愛話が多かったり、自分のプライベートな部分を明かしたりするのなら、それは好意のサインと言えますよ。

率先して「手を貸す」

「会社の先輩女性を好きになったときは、とにかく力になろうと必死でした。気に入ってもらいたくて、仕事もすごくたくさん手伝いましたよ」(30歳/男性/営業)

頼んでもいないのに、サッと手を貸してくれたり、さりげなくサポートしてくれたりする。

そういう男性は、あなたのことをよく見ていて、あなたの困っている姿に居ても立ってもいられない人。

それは間違いなくあなたのことが好きだから取る行動ですし、「いいところを見せたい」という思いだって働いているのでしょう。

「予定がないアピール」をする

「好きな女性と仲良くなってきたら、『いつも暇してるんだよね』っていうアピールはするかも。それで相手の反応を見たいという思いもあります」(31歳/男性/美容師)

「週末はいつも暇なんだよね」とか「することがないから家にいることが多い」などと、予定がないことをアピールする。

これは、男性が好きな女性に対して見せることが多い行動のひとつ。

「彼女がいないこと」や「暇をしていること」を伝えている行為なので、「じゃあ、飲みにでも行きましょうよ」と思いきって誘いの言葉をかけてみると、そのままデートにつながる可能性は高いですよ。

「2人きり」になりたがる

「好きな女性とは2人きりで話したり遊んだりしたいです。そうしないと、いつまで経っても距離を縮められないままですからね」(32歳/男性/自営業)

2人きりの時間を持たないと、なかなか恋愛関係には発展していきません。

だからこそ、男性は好きな女性とは、なんとかして2人きりになろうとするはず。

デートのお誘いはもちろんのこと、一緒に帰ろうとしたり、仕事を手伝おうとしたり、相談を持ちかけたりといった行動も、邪魔者がいない状況を作りたいという思いが隠されているのかもしれませんよ。

おわりに

気になっている女性への気持ちは、そう簡単に隠せはしません。

だからこそ、そのサインに気づくことができれば、男性のあなたへの好意を察知することもできるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)