カップルにとって必要不可欠なキス。

「お互い好き同士なんだから、キスはいつどこでしても構わないんじゃないの?」なんて考えている女性もいるのでは?

でもTPOにそぐわないキスもあるもの。

もしかしたら「いまはそういう気分じゃないんだよな……」なんて思いながら、彼もキスしているのかも。

お互いの気持ちがハマらないと、別れの可能性も高まるかもしれません。

そこで今回は「実は男性があまり好きじゃないキスシチュエーション」をご紹介します。

「これはちょっと…」男性があまり好きじゃないキスシチューションって?

1、 寝起きのディープキス

「寝起きは口臭が気になるので、軽いキスならいいけれどディープキスはキツいです。眠気も相まって『やめてほしいな』って思っちゃう」(28歳/販売)

映画やドラマでよく見る“おはようのキス”。

憧れはありますが、現実的に朝ってあまりコンディションがよくないかもしれません。

単純に頭が回っていないし、「とりあえず歯を磨いて顔を洗いたい……」なんて考える男性も多いようです。

2、 路チュー

「彼女が酔っぱらって路上でキスしてきたけれど、人目が気になって恥ずかしかった。知らない人から『ヒューヒュー!』とか言われて、その場から逃げ出したくなりました」(26歳/営業)

どんなにイチャイチャしたくても、路チューはアウト! 

彼はもちろん、周囲の人にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

もし知り合いにでも見られていたら、これほど恥ずかしいことはないでしょう。

キスはふたりのときにコッソリしたいですね。

3、キス写真を撮る

「チュープリやキス写真など、形に残る物はイヤですね。やましいことがあるとかじゃなく、勝手にSNSに載せられたら恥ずかしい。彼女にキス写真をせがまれても、絶対に撮りません」(22歳/大学生)

付き合っている証として、キス写真を撮りたい女性もいるでしょう。

でも男性からすると、その写真がいつどこで使われるかわからないもの。

そのため単純に怖いとの意見が聞かれました。

破局時にトラブルになるおそれもあるので、キス写真は残さないほうがいいかもしれません。

4、 疲れているとき

「仕事で疲れてぐったりしているときに、『ねぇチューは?』とか言われるとイライラする。とりあえずキスしたら『気持ちがこもってない!』って騒がれるし。

頼むから寝かせてくれ!」(30歳/証券)

疲労困憊のときは、キス欲も上がらないもの。

それなのにしつこくキスをせがまれたら、うんざりする気持ちもわかるでしょう。

お互いの状況をくみ取って、キスするタイミングも計りたいですね。

NGなキスシチュエーションを把握しておこう

男性は基本的に、キスを第三者に見せることに抵抗があるみたい。

そして疲れているときや眠いときは、キスにも積極的になれないようです。

愛情のこもったキスができるよう、彼のNGなタイミングを知っておくことも大切ですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)