一緒にいることが多くなれば、ときにはケンカをすることもあるでしょう。

それは仕方がないことですが、上手に仲直りができないと、大きな溝を生み出すことにもなりかねません。

そこで今回は、好きな男性と「ケンカをしたとき」の対処法を紹介します。

上手に仲直り!好きな男性と「ケンカをしたとき」の対処法

時間を「置きすぎない」

ケンカをしたあと、ちょっと冷静になる時間を持つことは大事です。

ただ、下手に時間を置きすぎてしまうと、歩み寄るタイミングを失って、仲直りがしにくくなるもの。

怒りや興奮が落ち着いたのなら、お互いに謝罪すべき部分は謝罪をして、歩み寄る姿勢を見せましょう。

できれば、日をまたがずにその日のうちに仲直りができると、わだかまりが大きくなっていくことは避けられますよ。

「不機嫌」を引きずらない

喧嘩をして仲直りをしたとしても、すぐにスパッと気持ちを切り替えるのは難しいかもしれません。

だからといって、いつまでも不機嫌でいたら、「まだ怒ってるんじゃん」と男性はゲンナリするはず。

不満が残っているのなら吐き出したほうがいいですし、一旦収束したのならば不機嫌を露わにするのはやめましょう。

どうしても機嫌がおさまらないときは、男性と同じ空間にはいないようにすると、第2のケンカを生み出すことにはならずに済みますよ。

「溜め込まず」に話し合う

上手に仲直りする方法は?

きちんと仲直りをするためには、「話し合い」が絶対に必要不可欠。

イライラしているからといって話し合いを避けていたら、根本的には何も解決しないままです。

また、話し合いをしても、思っていることを言わずに溜め込んでいたら、相手には気づいてもらえずに、ずっと不満を抱えた状態になってしまうだけ。

ケンカをするのはいい機会でもあるので、お互いに言いたいことや考えをぶつけ合うようにしたほうがいいですよ。

最終的には「前向きに捉える」

ケンカをただの怒りのぶつけ合いにしてしまうと、相手への憎悪しか生まれません。

「ふたりの関係性を良くするため」という思いが根底にないと、まったくプラスにはならないでしょう。

お互いに不満に思っているところは伝え合って、それを改善していく形を取れれば、ケンカも前向きなものになるはず。

「もっとわかり合いたい」という気持ちを伝えてあげたら、きっと男性も素直に愛情を感じてくれることでしょう。

おわりに

ケンカによって、よりふたりの絆が深まる場合もあります。

上手に仲直りをすれば、「やっぱりこの人しかいない」とお互いに実感できるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)