意中の彼と仲良くなり、彼もまんざらじゃないと思っていたはずなのに、いざとなるとなぜか「そういう対象には見られない」と言われてしまう……そんな経験はありませんか?

じつは、男性にとって「恋愛対象」に入りやすい女性には、いくつかの共通点があるのです。

もちろん容姿やスタイルではありません。いったいどんなところなのでしょう?

いつのまにかモテている!「恋愛対象」になりやすい女性の特徴4つ

1.「特別扱い」してくれる女性

だれとでも仲良くできる女性だと、男性側が「俺だけというわけじゃないんだ」と思ってしまい、気持ちにブレーキをかけてしまって、恋愛対象にならないことがあります。

意中の彼がいるのなら、万人にモテる必要はありません。

褒められることは多くても、ほほえみ返すのは「彼だけ」にしたり、お誘いは多くても断らないのは「彼だけ」にしたりと、周りとの差別化を図りましょう。

「俺だけ特別扱いされてる!」と感じれば、彼のほうもつい、あなたのことを恋愛対象として意識してしまうはず♡

2.「女らしさ」を忘れない女性

いくらノリが良くて気が合っても、「男友達」と同じフィールドに入ってはいけません。

「男友達」とは「恋愛」に発展することは絶対にないからです。(LGBTなど、いろいろな形があるのでそこは割愛するとして……。)

そうならないためには、「女性らしさ」をつねに保つことがポイント。

「動きやすい格好」をするにしても、女性らしいラインを強調できるものを選んだり、小物に気を配ったりと、「こいつも女性なんだな」と意識してもらうための工夫をしましょう。

3.一緒にいて「落ち着く」女性

男性は女性の前でカッコよくいたいもの。「高嶺の花」や仕事や家事にスキのない女性など、あまりにも完ぺきな女性を前にすると、自分の実力以上に頑張りすぎてしまうところがあります。

ただ、その頑張りは長く続かず、結果として「ずっと一緒にいるのは疲れてしまう……」という結論に至ってしまうこともしばしば。

彼に一緒にいて「落ち着く」と思ってもらうためには、あなた自身がちょっぴり「完ぺき」を崩すことがポイントです。

ちょっと抜けたところがあるくらいのほうが、一緒にいて居心地がいいのです。

4.「色気」がある女性

じつはある研究で、性的なものを極端に拒否、抑圧している人は、フェロモンが出にくいと言われています。

フェロモンを出せる人は、性に対して否定的な気持ちが少ない傾向にあります。

もしあなたが、「身体の関係を持つなんていやらしい、はしたない」と思っているなら、もっと自分の気持ちに素直になってみて。

女性だって「好きな人とのラブタイムを楽しみたい」と思うのは自然なこと。

彼とのムフフな妄想を広げてみましょう。

そんな自分を許してあげられれば、おのずと色気が出てくるはずです。

ありのままの自分を出そう!

ありのままの自分を素直に出せる人は、とても魅力的に映ります。

無理をして完ぺきな人を演じたり、気持ちを隠したりしていると、逆効果になってしまいますよ。

もし「無理をしている」自覚があるなら、少し崩してみるのがおすすめ。

ちょっと欠点のある「人間らしい」姿の自然体のあなたのほうが、彼にとってもかわいく見えるのですから。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)