男性は、本気で好きな女性を目の前ににすると、他の女性に対してとは違う言動をすることがあります。

そのため、彼のちょっとした言動に注目してみると、本音が見えてくるかもしれませんよ。

今回は、男性の12星座別に、「本気で好きな女性」だけにする言動をご紹介します。

【前編】男性の星座別!「本気で好きな女性」だけにする言動って?

おひつじ座(3/21~4/19)

【何かとちょっかいを出す】

おひつじ座の男性には子どもっぽいところがあり、我慢が足りません。

本命の女性のことが気になって仕方なく、いちいち話題を振ったり、おとなしくしていなければいけない場でも、何かとちょっかいを出すのがサインです。

おうし座(4/20~5/20)

【お金をかける】

おうし座の男性は、本命女性を付き合う前から大切にします。

しかし、あからさまに他の人と差をつけるようなことはしません。

ふたりだけでの行動をするように調整し、本命女性にだけわかるようにお金をかけるのがサインです。

ふたご座(5/21~6/21)

【わからないことを聞く】

ふたご座の男性は人脈が広く、情報通でもあります。

そんな彼が「本命」と思う女性は、彼に負けず劣らずの情報強者のはず。

物知りだと認めているので、わからないことがあったら他の人に聞かずに、その彼女に聞くのがサインです。

かに座(6/22~7/22)

【子供のようにすねる】

かに座の男性は、目端が利くタイプ。

本命女性の態度や言動が目についてしかたないのですが、気に入らないことがあっても文句は言えません。

そこで、自分がスネルという態度に出ます。子供のようにすねていたら、それがサインです。

しし座(7/23~8/22)

【他の男性をディスる】

しし座の男性は、とりあえず威張っていたいタイプです。

特に本命女性の前では、自分が偉くてスゴイと思わせるために、まわりの男性を下げて自分を上げようとします。

その女性の前では、やたらと他の男性をディスるのがサインです。

おとめ座(8/23~9/22)

【厳しかったり甘かったり、矛盾】

完璧主義のおとめ座の男性。

本命女性には、もっとスバラシイ人になってほしいという希望を持っています。

そのため、悪いところは説教するのですが、好きだから最後には「でもいいんだよ」と甘い言葉に。

この矛盾がサインです。

彼の好意を見抜こう!

男性の中には、ストレートに自分の感情を表現しない人もいます。

今回ご紹介した内容を参考に、意中の彼の本音を見極めてみてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)