「なぜかダメ男とばかり付き合ってしまう」、「ダメ男ばかりに告白される」と頭を抱えている人はいませんか?

実は、あなたの関わり方がダメ男を惹きつけている可能性があります。

今回は、男性の体験談をもとに、ダメ男に好かれやすい「尽くしすぎ女性」の特徴を紹介します。

要注意!ダメ男に好かれやすい「尽くしすぎ女性」の特徴って?

母親のようにカレの世話をしてしまう

「学生時代から交際していた彼女と、社会人になるのをきっかけに同棲をはじめました。
彼女のほうが仕事上がり早いので、食事や洗濯、掃除なんでもやってくれるので助かってます。本当にラクです」(25歳/事務)

好きなカレと部屋を行き来したり同棲が始まったりすると、ついついやってしまいがちなのが、カレの世話をし過ぎてしまうこと。

最初は尽くすのが幸せに感じられるものですが、続くと相手をどんどんダメにしてしまうことも。

ご飯を作ったら、食器洗いはカレに任せるとか、洗濯物には手を付けないなど、自分の中で線引きをすることが大切です。

カレの母親のようになってないか自分をチェックしてみてくださいね。

お金を貸してしまう

「年上の女性とお付き合いしてるんですけど、ぶっちゃけ社会人経験の長い彼女のほうが稼ぎが良いので、ときどきお金を借りることも。
催促もされないので借りっぱなしですけど、そのうち出世払いでって思ってます」(23歳/美容師)

大好きなカレがお金に困っているのを見かけると、「今回だけ……」「これが最後!」など、理由をつけてお金を貸してしまっていませんか?

最初は感謝していても、段々お金を借りるのに慣れてきて、立派なダメ男を育成してしまうかもしれません。

カレがお金に困っていたら、収支のバランスをチェックしてあげる、デートを節約コースに切り替えるなど、お金を貸す以外の方法で力になってあげましょう。

ドタキャンや遅刻を許してしまう

「年下の彼女はかわいいし優しい。仕事が激務なんで、休日は起きたら昼ってこともしょっちゅう。
午前中からのデートを何回かすっぽかしましたけど、それも許してくれる。理解ありますよね」(26歳/営業)

「親しき仲にも礼儀あり」とよく言われますが、男女の関係もまずお互いへの礼儀があってこそ気持ちのいい関係を築いていけるものではないでしょうか。

デートのドタキャンや遅刻は、小さなことのように感じますが、繰り返すうちにと彼女を軽く見るダメ男に育ってしまうこともあるようです。

デートで待たされることが続いたら、相手の不誠実をきちんと怒って「もうデートしたくなくなるよ」とハッキリ伝えることも大切ですよ。

尽くしすぎないくらいがちょうどいい

「尽くされること」に慣れたカレが、甘えてダメ男になってしまうことも多いものです。

本命の男性だからこそ、先の長い関係を見越して「尽くしすぎないこと」が大切!

身の回りの世話をし過ぎたりお金を貸したりと、尽くしすぎてダメ男製造機にならないように気を付けてくださいね。

(愛カツ編集部)